スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ラグビーの「獣性」が凝縮された、
イングランドとジョージアの奇祭。

posted2020/07/29 20:00

 
ラグビーの「獣性」が凝縮された、イングランドとジョージアの奇祭。<Number Web> photograph by  Keijiro Kai

イングランド中部のアッシュボーンで、17世紀より続く「Shrovetide Football」の1コマ。写真集『骨の髄』より。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Keijiro Kai

 外国への旅にも行けない。

 ラグビーの試合を現場で見ることもかなわない。本当なら、6月末にはウェールズ代表、7月にはイングランド代表が来日し、日本代表も3年後のフランスW杯に向けて始動しているはずだったのに。

 なにもかもが、止まったままだ。

 そんなときに、甲斐啓二郎さんの『骨の髄』という写真集を手に取った。

 驚いた。

 世界各地で、荒々しく、ボールを使ったり、なんの恨みもない相手と戦ったりする「祭り」がまだ生き残っていたことに。

日本、ヨーロッパ、南米の5つの祭り。

 撮影されている世界の町は、次の5つだ。

・イングランドのアッシュボーンで行われている「Shrovetide Football」と呼ばれるマスフットボール(数百人、あるいは数千人が参加する集団的なフットボールのこと)
・秋田県美郷町の「六郷のカマクラ祭り」
・ボリビアのマチャでの「Tinku」
・長野県野沢温泉村で毎年1月に行われる「道祖神祭り」のクライマックス、「火付け」
・ジョージアのシュフティ村でイースター・サンデーに行われる「Lelo」

 もともと西洋のフットボールは町の祭りと深いかかわりがあり、お祭りの日に教区対抗や村対抗で大勢の男性が参加して、相手の教会や町の特定の場所にボールを運んだら勝ちとなる。

 ただし、それはすぐに決着するのを目的とするのではなく、みんなが1日中楽しめるような工夫=ルールが設定されていた。

【次ページ】 午後2時から10時まで続く"フットボール”。

1 2 3 4 NEXT
甲斐啓二郎

ラグビーの前後のコラム

ページトップ