オリンピックPRESSBACK NUMBER

内村航平、哲学を貫き鉄棒に専念。
オリジナル技「ウチムラ」の可能性。

posted2020/07/04 20:00

 
内村航平、哲学を貫き鉄棒に専念。オリジナル技「ウチムラ」の可能性。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

昨年4月の全日本選手権では両肩痛の影響から予選敗退した内村。得意の鉄棒に絞って心身の充実をはかり、東京五輪出場を目指す。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Yohei Osada/AFLO SPORT

 体操史上最高のオールラウンダーである内村航平(リンガーハット)が、種目別の鉄棒に絞って東京五輪を目指すことを明らかにした。

 体操界の顔である“キング”の決断は、米NBCなど世界各国のメディアにも取り上げられ、反響の大きさはさすがだった。

 内村が鉄棒で東京五輪を目指すという選択は、リオデジャネイロ五輪でいずれも金メダルに輝いた団体総合と個人総合での東京五輪出場を断念したという意味を持つ。

 苦渋の決断だったと思う。しかしながら一方では、スペシャリストとして新たな領域に踏み込む彼が、どんなパフォーマンスを見せるのかという楽しみが広がっている。

「鉄棒の神様」の異名を持つゾンダーランド。

 オールラウンダーとして栄光を築いてきた内村だが、種目別で見ると、五輪と世界選手権で最も多くのメダルを獲得しているのは鉄棒だ。
 
 2015年世界選手権での金メダルを筆頭に、'14年と'18年に銀メダル、'11年と'13年に銅メダルを獲得している。種目別ではゆかと平行棒でも1つずつ金メダルを手にしているが、メダル獲得はゆかが4度、平行棒が2度。計5個のメダルを持つ鉄棒が最も多い。

 世界を見渡せば、鉄棒の第一人者として君臨しているのがエプケ・ゾンダーランド(オランダ)だ。

 内村より3歳年上の34歳は、ロンドン五輪をはじめ、世界大会でこれまでに鉄棒の金メダル4個を獲得しており、「鉄棒の神様」の異名を持つ。医師免許を持つハイスペックアスリートとしても知られる。
 
 持ち味は、体操界では長身の173cmから繰り出されるダイナミックな離れ技。それを連続で行ってボーナス点を稼ぐのがゾンダーランド流だ。

【次ページ】「カッシーナ+コバチ+コールマン」の衝撃。

1 2 3 4 NEXT
内村航平
エプケ・ゾンダーランド
山室光史
宮地秀享
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ