Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

ごっつぁんゴーラーは育成できるか?
インザーギの恩師3人と本人に聞いた。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/06/13 19:00

ごっつぁんゴーラーは育成できるか?インザーギの恩師3人と本人に聞いた。<Number Web> photograph by Getty Images

セリエAやCLで得点を量産したインザーギ。ユベントスとミランでスクデット獲得計4回、ミランではCL優勝2回にも大きく貢献した。

「なぜかボールが自分のところに転がってくるわけだ」

 第二のインザーギの作り方を知りたいんです。君の思師3人はみな、それは不可能だと口を揃えるけれど。

「どうなんだろう。でも僕もいまの自分のような選手になりたいと思って子供の頃からプレーしてきた訳じゃなかった。

 あったのは熱意だけ。とにかくサッカーが好きで仕方がなかったんだ。僕は昔から体も大きくはなかった。そんな中でどう生き残るのか。それには点を取るしかなかった」

 大怪我を負っているにもかかわらず、インザーギの声は落ち込んだ様子もなく、ルビーニさんのカードゲームの伝言を伝えると、笑いながらそれは嘘だねと続ける。

「ピアチェンツァに移籍したあの頃からゴールだけを考えてた。もう25年以上経ったけど、今も決め続けることができているし、UEFAの記録も更新することができた。

 理由? それは育成とは関係ないことなのかもしれない。実際、僕自身もピッチの上で驚くことがある。なぜかボールが自分のところに転がってくるわけだ。この前のマドリー戦もそうだっただろう?」

どうにも生み出すことのできない次元のもの。

 もしかしたら、インザーギに似た選手を作ることはできるのかもしれない。

 もしかしたら、インザーギの偉大な記録を破るストライカーも、出てくるかもしれない。

 しかし、彼だけが持ち得るあの説明不可能なゴール感覚は、指導者たち、そして本人も言うように、どうにも生み出すことのできない次元のものなのだ。

 ボールはなぜか彼の足もとに転がり、インザーギにしか生み出せない、インザーギのゴールは生まれる。

 怪我が癒えれば、彼はまた不可解な動きでピッチの上をうろつき、あくまでも狡猾にオフサイドラインをすり抜け、そして幾千のこばれ球を押し込むだろう。

 この夏には38歳になる。「でもやめるつもりは全くないね」、と彼は言う。ゴールに愛されたストライカーの姿を、我々はもう少しだけ見ることができる。

(Number771号『[究極のごっつぁんゴーラー研究]フィリッポ・インザーギは育成により生み出せるのか』より)

天才プレイヤーの創り方。~欧州サッカー育成最前線~

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
フィリッポ・インザーギ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ