プレミアリーグの時間BACK NUMBER

シティが抱えるアグエロ後任問題。
最適解はマンU有力のケイン強奪か。

posted2020/04/20 11:40

 
シティが抱えるアグエロ後任問題。最適解はマンU有力のケイン強奪か。<Number Web> photograph by Getty Images

トッテナムの大エースであるケイン。果たして新シーズンの選択肢は残留か、いずれかのマンチェスターか?

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 イングランドでは、3月後半から厳しい外出制限が続いている。ロンドンからの最後の「遠出」は、2カ月前のことだ。

 2月19日、エティハド・スタジアムを訪ねた。ホームにウェストハムを迎えたマンチェスター・シティにとってはプレミアリーグで3試合前にすぎないが、雨のマンチェスター1泊2日は遥か昔の出来事のようだ。

 それでも強く印象に残っていることは幾つかある。

 あれは、シティがUEFAから2年間の欧州参戦禁止を言い渡された5日後だった。

 試合後、エモーショナルに見えたペップ・グアルディオラ監督の様子。

 格下に2-0での順当勝ちながら「信じられないほどの出来の良さ。攻守のすべてに満足している」とチームパフォーマンスを称えた指揮官の言葉。

 前節トッテナムに敗れた(0-2)ショックを払拭した精神力。特に1得点1アシストで勝利の立役者となったケビン・デブライネの存在感。

 そして、得点に絡み損ねたガブリエル・ジェズスの頼りなさだ。

チャンスを生かしきれないジェズス。

 この4月で23歳になった移籍4年目のブラジル代表FWは、開始15分間弱で先制点と追加点を奪う決定的チャンスを手にしていた。トッテナム戦はベンチスタート、その前のシェフィールド・ユナイテッド戦(1-0)は自身に代わって出場したセルヒオ・アグエロが決勝ゴールを決める展開だった。それだけに、ジェズスにとってはアピールするのに絶好の機会と言えた。

 だからこそ、慎重になりすぎたのかもしれない。

 シュート前の余分なタッチが相手に守る時間を与えた。あの瞬間、記者席で前月にグアルディオラが口にした「ストライカーは数字の世界。ゴール前での嗅覚がモノを言う」とのセリフが脳裏に浮かんだのは、筆者だけではなかっただろう。

【次ページ】 アグエロ帰国ならケイン獲得も?

1 2 3 4 5 NEXT
マンチェスター・シティ
ハリー・ケイン
マンチェスター・ユナイテッド
トッテナム
セルヒオ・アグエロ
ガブリエル・ジェズス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ