欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ドイツ人選手は寄付も巨額で明確。
ロイスの地元愛、キミッヒらの基金。

posted2020/04/19 19:00

 
ドイツ人選手は寄付も巨額で明確。ロイスの地元愛、キミッヒらの基金。<Number Web> photograph by AFLO

ロイスはやんちゃな印象が強いが、こういう時にキッチリ行動力と哲学を発揮できるかっこいい人間なのだ。

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph by

AFLO

 そろりそろりと、寝た子を起こさぬように用心深く気を使いながら、ドイツでは各クラブが静かに練習を再開している。

 DFL (ドイツサッカーリーグ機構、つまりブンデスリーガ)からの練習停止要請が4月5日でようやく終了したからだ。各クラブは地方自治体の指示にも従う必要があるのだが、アウクスブルクでは3月23日から、ドルトムントでは3月31日から、一番遅いマインツ、フライブルク、ブレーメンでも4月7日からチームでの練習をおこなっている。

 とはいえ、練習チームとは名ばかりで、活気溢れる光景が戻ってきた! とは言い難い。グループ分けを行い、少人数で遠くからのパス練習などを行うのみで、接触の可能性のある対人プレーやゲーム形式にはほど遠い。食事は持ち帰り、シャワーは自宅で浴びるなど練習が終わっても非日常は続く。もちろんファンの見学も厳禁という状況が続いている。

 DFLは4大リーグで唯一、少なくとも4月中の中断と日程を明示しており、いまはリーグ戦再開を模索している。スペイン、イングランド、イタリアは無期限延期で再開の日程には今のところ触れておらず、大きく姿勢が違う。

 しかし現実問題として5月の上旬に再開が可能かというとまた別の話で、懐疑的な声が大きい。4月20日頃までには、あらためて1部2部全36クラブによる話し合いが持たれるそうだ。

5万6000人の生活を抱えるリーガ。

 ともあれ5月上旬に試合を行うという目標設定で、各クラブ準備を徐々に始めているという段階である。UEFAを見ても、クラブも代表も全て延期になり再開のめどがたっていない。CL決勝トーナメント1回戦セカンドレグ4試合とそれ以降や、欧州選手権、新設される女子の欧州選手権は延期。U-17やU-19はキャンセルされた。

 これまでブンデスリーガは、UEFAの動きなどを考慮しながら、小刻みに再開日程を設定しては後ろに動かしている。3月16日に行われた総会で「競技実施の可能性、そして各クラブとその子会社において直接また間接的に約5万6000人の従業員を抱える雇用者として、経済的基盤の確保」が焦点となったと発表している。

 周辺で働く人間たちの生活と雇用を守らなければならないと、早い時点から極めて具体的で目的がはっきりしている。

【次ページ】 ロイスはドルトムントの中小企業を支援。

1 2 3 4 NEXT
マルコ・ロイス
ジョシュア・キミッヒ
レオン・ゴレツカ
トニ・クロース
レロイ・ザネ
ニコ・コバチ
ロベルト・レバンドフスキ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ