オリンピックへの道BACK NUMBER

平泳ぎ100m、200m五輪代表は?
新星の登場で四つ巴の大混戦に。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/02/02 19:00

平泳ぎ100m、200m五輪代表は?新星の登場で四つ巴の大混戦に。<Number Web> photograph by Getty Images

昨年4月の日本選手権で平泳ぎ200mの表彰台に上がる(左から)小日向一輝、渡辺一平、小関也朱篤。

積年の思いとともに、東京五輪を見据える。

 昨年の世界選手権100mでも、メダルまで0秒30の小差で4位。

「必ずメダルを獲ります」

 リオの借りもある。積年の思いとともに、東京五輪を見据える。

 小日向は日本選手権では3位になることも多かったが、昨年は壁を突破して2位に入賞し、初の世界選手権の代表となった。実に5年ぶりの日本代表入りでもあった。

 193cmの渡辺、188cmの小関と対照的に、小日向の身長は170cm。そのギャップはあっても、熱心に取り組んできた。

 萩野公介、瀬戸大也と同期でもある。小日向もまた、積年の思いが、日本選手権2位の泳ぎに込められていた。

 佐藤は昨年の世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得し、そして今回の優勝だ。北島がかつて所属していたのと同じ、東京SCで練習に取り組んでいる。フォームもまた、北島をほうふつとさせる。

「オリンピックでメダルが目標です」

 それぞれに、東京五輪へ向けて歩んできた道があり、それぞれに懸ける思いがある。速さを追求して試行錯誤してきた時間がある。

 でも、代表になれるのは、100m、200mともに最大で2人ずつだ。

 熾烈な争いを制して代表をつかむのは誰か。

 代表選考の対象となる今年4月の日本選手権まで、緩むことのできない日々が続く。
 

関連記事

BACK 1 2 3
渡辺一平
小関也朱篤
佐藤翔馬
小日向一輝
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ