JリーグPRESSBACK NUMBER

マリノスは選手が抜けても変わらない。
「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く? 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byMasashi Hara/Getty Images

posted2019/10/24 08:00

マリノスは選手が抜けても変わらない。「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?<Number Web> photograph by Masashi Hara/Getty Images

ポステコグルーが掲げる攻撃サッカーが実り始めた横浜F・マリノス。首位鹿島アントラーズとの勝ち点差は1だ。

得点が増えて、失点が減った。

 躍進ぶりは、数字にも表われている。

 1試合平均得点は昨季1.647から今季1.862。

 1試合平均失点は昨季1.647から今季1.172。

 得点が増え、なにより失点が激減した。

 その理由はひとつ。つなぎの精度が上がったからだ。

 サッカーは表裏一体。攻撃でのミスが減れば、それだけ守りも安定する。

 Jリーグの試合では、ハーフタイム明けになると報道陣に「コメントシート」が配られるが、ポステコグルー監督のハーフタイムコメントはだいたい同じだ。

 いちばん多いのが「ボールをどんどん動かそう」。

 次が「ボールを素早く動かそう」。

「ペナルティエリアに入る人数を増やそう」や「もっと相手を動かそう」というのもある。

 これだけで指揮官の意図が手に取るようにわかる。ポステコグルーは結果と同時に内容も重視する監督だ。

四方八方から手が伸びる。

 直近29節のホームゲームでは、失速する湘南との一戦ということもあって、多彩なパスワークが随所に見られた。

 横浜は短いパスをテンポよくつなぎ、ボールのあるところに入れ代わり立ち代わり選手たちが顔を出す。

 つまり、ボールと選手がよく動く。

 書けばひと言、だが実践するのは至難の業。

 少しでもパスのコースやタイミングがずれたりすれば、ボールは敵に渡り、手薄な後方が一気にピンチに見舞われる。対戦相手の多くはしっかりと網を張って、その瞬間を狙っているのだ。

 だが湘南戦だけでなく、今季は逆襲からピンチを招くシーンが少ない。

「横浜版ティキタカ」といってもいい横浜のパスワークには、数多くの連係の形がある。

 例えば右SB松原健が同サイドのタッチライン際にいるウイング仲川輝人にボールを預け、内側を駆け上がる。そしてペナルティエリア手前でステイ。右の仲川からトップ下のマルコス・ジュニオールにパスが渡ると、そこからフィニッシュをうかがい、逆サイドからはティーラトンも入ってくる。

 選択肢がとても多く、四方八方からゴールに向かって手が伸びていく印象。2年間かけて培ってきた指揮官のサッカーを、だれもが共有していることがプレーに表われている。

【次ページ】 台頭した控え組、フロントとの連係。

BACK 1 2 3 NEXT
横浜F・マリノス
アンジェ・ポステコグルー

Jリーグの前後の記事

ページトップ