JリーグPRESSBACK NUMBER

マリノスは選手が抜けても変わらない。
「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

posted2019/10/24 08:00

 
マリノスは選手が抜けても変わらない。「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?<Number Web> photograph by Masashi Hara/Getty Images

ポステコグルーが掲げる攻撃サッカーが実り始めた横浜F・マリノス。首位鹿島アントラーズとの勝ち点差は1だ。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Masashi Hara/Getty Images

 横浜が実りの秋を迎えている。

 残り5試合になって首位鹿島アントラーズとの勝ち点差は「1」。横浜F・マリノスの2004年以来となるJ1制覇が現実味を帯びてきた。

 正直に告白すると、この躍進を予想していなかった。

 昨季は12勝5分け17敗の12位。12位といっても16位のジュビロ磐田と同勝点。得失点差で入替戦行きを免れるのが精一杯だった。

 不振の理由はハッキリしている。守備の破綻だ。

 昨季、監督に就任したアンジェ・ポステコグルーは、自らの信条である「アタッキング・フットボール」の追求を約束した。

 最終ラインを大胆に押し上げ、人数をかけてボールをつなぎ、断続的に攻め続ける――。

失点も多く、主力は次々と退団。

 指揮官は宣言通りのサッカーを見せ、それはリーグ2位タイの56ゴールを生み出す。だが、同時に56失点を喫した。これはリーグで3番目に多い数字だ。

 たくさん決めて、たくさん吐き出す。それが昨季の横浜だった。

 波に乗ると手がつけられないが、中盤でのミスから広大な背後のスペースを突かれて失点するシーンが相次いだ。

 そして昨季終了後、チームの象徴である中澤佑二を筆頭に、山中亮輔、中町公祐、伊藤翔、ウーゴ・ヴィエイラといった主力が次々と退団する。大幅に変わった陣容で、引き続き難易度の高いスタイルに取り組むのだから、「これはまた苦労するぞ」と考えたのだ。

 だが荒波にもまれた「ポステコグルー号」は今季、順調な航海を続けている。

【次ページ】 得点が増えて、失点が減った。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜F・マリノス
アンジェ・ポステコグルー

Jリーグの前後のコラム

ページトップ