アンジェ・ポステコグルー 

マリノスにベルギーから出戻って。天野純「死ぬまで絶対に忘れない」

サムライブルーの原材料

マリノスにベルギーから出戻って。
天野純「死ぬまで絶対に忘れない」

「この自分の難しい状況を理解してくれたうえで迎え入れてくれたF・マリノスには感謝という言葉以外ありません。ただ、心にある… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/06/17

日本人指導者の欧州挑戦に朗報?ベルギーで画期的な監督人事とは。

Jをめぐる冒険

日本人指導者の欧州挑戦に朗報?
ベルギーで画期的な監督人事とは。

日本サッカー界とは一見、なんの関係もないように思えるこのニュース。しかし、実はこれ、日本人監督の可能性を大きく高める出来… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

海外サッカー

2020/06/14

横浜F・マリノスの密着ドキュメント。主将・喜田拓也「仲間の違う一面が」

サムライブルーの原材料

横浜F・マリノスの密着ドキュメント。
主将・喜田拓也「仲間の違う一面が」

「僕もそうですけど、多くの選手が見ていたとは思います。というのも全部が全部、知っているシーンじゃないので、チームメイトの… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/04/01

マリノス、宮本ガンバの策に屈す。「愚かな失点」と消された爽快さ。

球体とリズム

マリノス、宮本ガンバの策に屈す。
「愚かな失点」と消された爽快さ。

15年ぶりにライバルたちの挑戦を受ける立場となった横浜は今季、相手からつぶさに研究され、強みを消され、弱みを突かれることが… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2020/02/25

マンCというよりリバプールみたい。「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

球体とリズム

マンCというよりリバプールみたい。
「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

それだけの観衆を集めた最大の要因は、ホームの横浜F・マリノスの披露するフットボールそのものにあったと思う。2年目のアンジェ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/12/09

マリノスは選手が抜けても変わらない。「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

JリーグPRESS

マリノスは選手が抜けても変わらない。
「ポステコ号」はJ1制覇へ辿り着く?

「勝つのは大事ですが、私はどう勝つかということを大事にしています。自分たちがやりたいサッカーで勝ちたい。結果も大事ですが… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

Jリーグ

2019/10/24

“ハイリスク”なマリノスを支える、GK朴一圭の視線が気になって観察。

“ユース教授”のサッカージャーナル

“ハイリスク”なマリノスを支える、
GK朴一圭の視線が気になって観察。

突然だが筆者は、近代のGKはただシュートストップやクロス対応、コーチング、キックの精度などの才能を発揮するだけでは立ち行か… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/07/13

横浜FM山田康太「次は自分らしさを」U-20W杯で得た勝利への執念と自覚。

“ユース教授”のサッカージャーナル

横浜FM山田康太「次は自分らしさを」
U-20W杯で得た勝利への執念と自覚。

J1リーグ第16節、横浜F・マリノスvs.松本山雅の一戦。試合前に配られたメンバー表に、横浜FMのスタメンにMF山田康太の名前を見つ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/06/26

3つの問いをクリアでマリノス2位。2年目のアンジェ体制はここが違う。

球体とリズム

3つの問いをクリアでマリノス2位。
2年目のアンジェ体制はここが違う。

重たい曇天の下で収めた1-0の勝利――。空の色やスコアと同様に内容も渋かったと言われたら、否定はできないだろう。実際、ホー… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/06/25

マリノスの“裏の番人”はCBチアゴ。仲川並みの俊足で潰すピンチの芽。

球体とリズム

マリノスの“裏の番人”はCBチアゴ。
仲川並みの俊足で潰すピンチの芽。

「何も変えないことが重要」と信じるアンジェ・ポステコグルー監督のもと、横浜F・マリノスは今季も野心的な航海を続けている。… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/04/17

首を振り続ける男・喜田拓也。今のマリノスに必要な「深み」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

首を振り続ける男・喜田拓也。
今のマリノスに必要な「深み」。

90分間に一体、何度首を振っているのだろうか。 攻守どちらの場面においても、ボールのあるところに必ず彼がいる。 横浜F・マリ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2019/04/10

ポステコグルー2年目のマリノスで、三好康児と天野純が誓う「優勝」。

球体とリズム

ポステコグルー2年目のマリノスで、
三好康児と天野純が誓う「優勝」。

横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコルグー監督は信念の人だ。元旦に掲載された記事でも書いたように、現在53歳の指揮官は自分… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/02/20

マリノスの変化は確実に進んでいる。ポステコグルーが掲げる志の壮大さ。

球体とリズム

マリノスの変化は確実に進んでいる。
ポステコグルーが掲げる志の壮大さ。

「大きなチャレンジのため、私はそこ(横浜)へ行った。ものすごく楽しめたよ。来年は成功を収められることを願っている」 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/01/01

マリノス中盤で闘う“おーつゆーき”、チャラ男アタッカーが変身の理由。

球体とリズム

マリノス中盤で闘う“おーつゆーき”、
チャラ男アタッカーが変身の理由。

失礼を承知で言うと、チャラいアタッカーだと思っていた。大津祐樹、現在28歳。2008年に高卒で柏レイソルに入団し、4年後のロン… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2018/10/23

急造の西野ジャパンも学ぶべき!?豪代表ファンマルバイクの超合理主義。

フランス・フットボール通信

急造の西野ジャパンも学ぶべき!?
豪代表ファンマルバイクの超合理主義。

『フランス・フットボール』誌4月3日発売号は、巻末の「ツール・ド・モンド(世界レポート)」でフランスがロシアワールドカップ… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

海外サッカー

2018/04/22

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

サムライブルーの原材料

中澤佑二は速度勝負になぜ勝てるか。
ハイライン守備で光る「コンマ何秒」。

誰かが言った。筆者も思った。今季から横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルーが設定する「ハイライン」に、中澤佑二… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2018/03/30

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。

球体とリズム

マリノスの超前衛戦術は実を結ぶか。
“偽SB”山中亮輔が語る怖さと自信。

「今年のマリノスはつなぐつなぐって聞いてたけど、マジで(マンチェスター・)シティみたいじゃね?」「去年と全然違うチームだ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2018/03/06

新生マリノスの真ん中に天野純。「何かやりそうな選手になりたい」

話が終わったらボールを蹴ろう

新生マリノスの真ん中に天野純。
「何かやりそうな選手になりたい」

元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルーが監督に就任し、新体制でスタートした横浜F・マリノス。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2018/02/06

W杯予選を通った監督が辞任・解任。ハリルも経験した悲劇が今回も続出。

球体とリズム

W杯予選を通った監督が辞任・解任。
ハリルも経験した悲劇が今回も続出。

「なぜ私が解任されたのかはよくわからないが、彼ら(コートジボワールの政治家たち)には生贄が必要だった。それは選手やスタッ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2017/12/14

ページトップ