プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

寡黙な男SANADAの静かなる野望。
「ライバル」オカダのIWGPに挑む。

posted2019/10/10 20:00

 
寡黙な男SANADAの静かなる野望。「ライバル」オカダのIWGPに挑む。<Number Web> photograph by Essei Hara

2007年、武藤敬司体制下の全日本でプロデビューしたSANADA。海外武者修行や多くの団体での闘いを経て、ついに新日本の頂点を目指すまでに。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「みなさんそろそろ、SANADAが中心の新日本を見てみたいと思っていませんか?」

 SANADAは10月7日、後楽園ホールのリング上からファンに問いかけた。

 現在、新日本プロレスの象徴であるIWGPヘビー級王者はオカダ・カズチカだ。そのオカダにSANADAは10月14日、両国国技館で挑戦する。今年、2度目の同王座挑戦で、シングルマッチでは今年4度目の対戦になる。

「今、新日本の希望って、オカダじゃないし、棚橋でもないし、内藤でもない。ましてや飯伏、EVILでもない。これからはオレが新日本プロレス、いや、プロレス界の希望になって、引っ張っていく」

SANADAが狙うベルトは、あの1本のみ!

 少し前の話だ――私は大阪のとある小さなバーのドアを押した。店はにぎわっていたが、カウンターに座っていたある1人の男に目が行った。その男の周りだけ、その独特の容貌と対照的に、妙な静けさを感じさせたのだ。SANADAだった。SANADAは眼で私に挨拶をかわすと、ウィスキーのグラスをゆっくりと口元に運んだ。

 SANADAはマイクを握ることすら避けてきたような男だった。SANADAがマイクを手にして、一言しゃべっただけでファンが驚いてどよめくこともあった。そんな寡黙だった男が、今では堂々とここまで言うようになった。

 SANADAが新日本プロレスに参戦してきたのは2016年4月だ。オカダとの初対決は同年5月の福岡だったが、オカダに翻弄された。それから3年半、SANADAは自分の立ち位置を確認するように着実に歩みを進めて来た。その成長ぶりはファンもしっかりと感じ取っていた。

 SANADAはタッグではEVILと組んでIWGPタッグ王座を2度手にしたし、ワールドタッグリーグも2連覇しているが、シングルのベルトはまだ巻いていない。

「ベルトは欲しい」

 でもSANADAが狙うのは「あのベルトだけが輝いて見えた」というIWGPヘビー級のベルトだけだ。

 内藤哲也や飯伏幸太やジェイ・ホワイトら複数のレスラーが、インターコンチネンタルだの「2冠」だのと騒いでいるけれどもSANADAはその騒音の中には入って行かないし、行く意思もない。

 IWGPヘビー級王座という1つの輝きだけにひかれているからだ。その気持ちがブレることはない。狙うのはIWGP一本だけだ。

【次ページ】 同じ学年にあたる2人はライバル。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

SANADA
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ