プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ・カズチカと飯伏幸太の計画。
ベルトをめぐる金と銀のメダル論争。

posted2019/10/17 11:30

 
オカダ・カズチカと飯伏幸太の計画。ベルトをめぐる金と銀のメダル論争。<Number Web> photograph by Essei Hara

G1優勝者として1.4東京ドームでのIWGPヘビー級挑戦権を持つ飯伏幸太。IWGPの通算防衛回数記録を持つオカダ・カズチカにどこまで通用するか?

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 東京ドームで2020年1月4日に行われるIWGPヘビー級選手権はオカダ・カズチカvs.飯伏幸太に決定した。

 翌5日にも新日本プロレスは東京ドームで連戦となるが、オカダは「防衛戦をやれと言われればやる」と連夜のIWGP王座防衛戦を否定しなかった。

 10月14日の両国国技館でオカダはSANADAを倒してIWGP王座を防衛した。「ライバル」に苦しめられたが、スタミナで圧倒し、新技とも言える変形のパイルドライバーからレインメーカーで押さえこんだ。

 一方、同日、夏のG1クライマックス優勝者として、IWGP王座挑戦権利証を保持していた飯伏はEVILにヒザを叩き込んで勝利した。

「銀メダルを欲しがるのはおかしい」

 ここで、ちょっとした「金メダル論争」が勃発した。

「金メダルを持っていて、銀メダルを欲しがるのはおかしい」とオカダはインターコンチネンタル王座にはまったく興味を示さないばかりか、丸腰のまま「2冠」を口にする飯伏に釘をさすように語った。

「ボクはこの(IWGPヘビーの)ベルト1本でしかやって来てないですし、まあタッグはありますけど、他のベルトには挑戦したこともないです。もしかしたら、インターコンチにもインターコンチなりの魅力があるのかもしれないですけれど、ボクにはとてもそれが魅力的には見えない。

 まあ、過去にインターコンチを、本当にヘビー以上の魅力的なベルトにした人もいますが、そういうことが今のインターコンチにはできてないんじゃないかなと思うので、ボクはやっぱりこのIWGPが、最強で最高だと思っています」

【次ページ】 インターコンチは新日本のセカンド・タイトル。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オカダ・カズチカ
飯伏幸太
SANADA
内藤哲也
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ