オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋大輔のスケーターとしての核。
「生涯、滑っていたいですよね」

posted2019/10/07 08:00

 
高橋大輔のスケーターとしての核。「生涯、滑っていたいですよね」<Number Web> photograph by Kyodo News

現役復帰後もアイスショーなど幅広く活躍していた高橋。来年からはアイスダンスに軸足を置く。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 その知らせは、瞬く間に広がった。今なお、余韻は広がりとともに残る。

 高橋大輔は、村元哉中をパートナーに、アイスダンスに転向することを発表した。

 シングルの世界で、長年にわたる活躍を経ての決断が、大きなインパクトをもたらすのは当然だった。

 きっかけは、村元からの働きかけだった。

「高橋選手がアイスダンスに興味があるということを聞いていて、直接聞いてみようと思い、今年の1月に連絡をとりました」

 そこに至る背景があった。

 昨年8月、村元は平昌五輪に出場したクリス・リードとのカップルを解消した。

もっとうまい人と組んだほうが……。

 同じ月、高橋は、濱田美栄コーチから言葉をかけられた。

「大ちゃん、ダンスやったら?」

 そのときは、「まったくやるなんて思いませんでした」。

 1月にオファーがあったときも、「もっとうまい人と組んだほうがすばらしいカップルになる」と思い、ためらいがあった。

 その後、何度か話し合いの機会を持ったあとの7月、村元も出演するフィギュアスケートと舞台の融合した公演『氷艶』の稽古合宿のため訪れていた新潟で、トライアウトを実施。

「一緒に滑らせてもらったとき、もっとこの世界を知ってみたいという気持ちが強くなりました」

 と、決断に至った。

【次ページ】 「すごく素敵な表現をする選手」

1 2 3 4 NEXT
高橋大輔
村元哉中
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ