オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋大輔のスケーターとしての核。
「生涯、滑っていたいですよね」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/07 08:00

高橋大輔のスケーターとしての核。「生涯、滑っていたいですよね」<Number Web> photograph by Kyodo News

現役復帰後もアイスショーなど幅広く活躍していた高橋。来年からはアイスダンスに軸足を置く。

2020年からフロリダが拠点に。

 スケートがこれからもできて、しかも自分のスケートを広げていける、可能性に挑み続けることができる喜びがあるようだった。

 2020年から、本格的に高橋と村元は練習を始める。コーチはマリーナ・ズエワ。彼女のいるアメリカ・フロリダを拠点とする。2022年の北京五輪出場を目標とする。

 シングルの選手としてリンクに上がるのは、今年12月に行なわれる全日本選手権が最後となる。

「アイスショーでは1人で滑ることもするので、シングルを一切しないことはないです」

 ただ、競技の世界では、今年をもって終止符を打つ。

 そこに寂寥の感はある……同時に、その先に広がる、今までにない世界がある。

 スケートがとことん好きで、その可能性を心から信じるスケーターの、1つの区切りと、新たなスタートへ向けた時間が始まる。

 高橋大輔は、高橋大輔だ。

 これからも変わらず、進んでいく。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高橋大輔
村元哉中
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ