Number Do ExBACK NUMBER

将棋は5歳、ランニングは4歳から。
ほぼ毎日走る信念の棋士、菅井竜也。 

text by

寺島史彦(Number編集部)

寺島史彦(Number編集部)Fumihiko Terashima

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/10/05 08:00

将棋は5歳、ランニングは4歳から。ほぼ毎日走る信念の棋士、菅井竜也。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

撮影後に「走り足りないので、これから走りに行きます」と笑った菅井竜也七段。

「精神力って熱いイメージですけど」

 岡山に住み続けること、振り飛車を指し続けること。その「信念」を貫く精神力に支えられて、彼は勝ち抜いてきた。では、「精神力」と聞かれて思い浮かべる棋士とは誰なのか。

「人によって違うとは思いますが、谷川(浩司)先生です。ほとんどの棋士は形勢が良い時も悪い時も、表情に出ます。羽生(善治)先生でもそう。でも谷川先生は、常に姿勢もピシッとしたまま。朝10時でも、夜の10時でも、勝つ時も、負ける時も、変わりません。

 精神力って熱いイメージですけど、いつも優雅に将棋を指すというのは、並の精神力ではないと感じます。ただ、目標にはしたいですけど、自分には無理。自分のすぐカーッとなるスタイルから転向するのは現実的ではない。格好いい服を着たいけど、自分には合わないっていう感じですかね(笑)」

 さて、今回撮影を行ったのは、彼の地元・岡山。カメラマンと筆者のリクエストに応え、ランニングウェアのまま、彼の象徴ともいえる「飛車」の駒を持ってもらうなど、かなり無茶をお願いした。

 何往復も走ってもらったが、「まだまだいけますよ!」とメンタルだけでなく、ランニングで鍛えられた身体もかなりタフだ。棋士仲間と参加した「大阪城ナイトラン」以外にランイベントにも参加したことがないというが、これだけランを継続しているのであれば、レースへの出場を考えたことはないのか? と訊いてみた。

「いや、やっぱり自分はあくまで棋士ですから。将棋のために走っていることを忘れないようにしないと」

 やはり、すべては将棋のためなのだ。

<秋のラン>メンタル強化大作戦

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2019 vol.36

<秋のラン>
メンタル強化大作戦

MGC詳報
【W独占インタビュー】 中村匠吾/大迫傑

【怪物メンタルに学べ!】
川内優輝「私のハートは砕けない」
高橋尚子「小出監督直伝“心の管理術”」

【ラン&メンタルを語ろう】
片山右京/中野信子/村本大輔/宮藤官九郎

【科学・マインドフルネス・数学】
RUNはメンタルに効く!

皇居ランナー121人の「メンタル大調査」

定価:本体1000円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
菅井竜也

ゲームの前後のコラム

ページトップ