eスポーツは黒船となるかBACK NUMBER

日本のeスポーツで最も重要な大会。
LJLでは、賞金は話題にならない。

posted2019/09/21 11:30

 
日本のeスポーツで最も重要な大会。LJLでは、賞金は話題にならない。<Number Web> photograph by 2019 Riot Games, Inc. All Rights Reserved

3000人級の観客を収容するのはどんな競技の大会でも難しい。「LJL」決勝戦の盛り上がりはそういう意味でも価値がある。

text by

八木葱

八木葱Negi Yagi

PROFILE

photograph by

2019 Riot Games, Inc. All Rights Reserved

 2019年の日本は、毎週末のようにどこかでeスポーツの大会が開かれる国になった。

 世界じゅうの大会もリアルタイム配信が定番なので、複数のタイトルを追いかける生活をしていると、土日が両方フリーになることはほとんどないような状況だ。

 そんな日本のeスポーツシーンにおいて、最も重要な大会は何か。

 そう聞かれたら、いろいろな考え方があるのは承知の上で「LJL」と答えることにしている。

 LJLとは、ゲーム『League of Legends』の日本リーグ。9月16日に行われた決勝戦はアリーナ立川立飛で開催され、3000人収容のアリーナが超満員、オンラインでは数万人のファンが熱戦を見つめた。

 では、なぜLJLが重要な大会か。キーワードは「継続性」である。

1年を通じて、そして7年に渡って。

 継続性の意味は2つある。

 1つは、リーグが8つのチームを抱え、春と夏の2つのシーズン、1チームあたり42試合のリーグ戦を開催し、1年を通じてファンのアテンションを集め続けていること。

 そしてもう1つが、LJLが6年目のシーズンを走り終えたことだ。日本のeスポーツにおいてそれだけの期間、右肩上がりで支持を拡大し続けていることは特筆に値する。

 継続の価値を象徴する話がある。

 LJLのリーグ優勝賞金は1000万円である。もちろん大金だが、1億、10億という賞金の話題が飛び交うeスポーツ業界において、5人チームで何カ月ものリーグ戦を戦い抜いての1000万円は、そこまで目を引く額ではない。

 ただ重要なのは、額ではなくその扱いにある。9月16日の決勝戦の2日後、ふっと気づいてTwitterの検索窓に「DFM 1000万」と打ち込んでみた。DFMは優勝したDetonatioN FocusMeの愛称だ。ところが、そんなツイートは1件もヒットしなかった。つまり、この戦いを「1000万円を巡る戦い」だと思っていたファンは、ほとんどいなかったことになる。

 この日の決勝戦はLoLが日本一強いチームを決める戦いであり、10月から始まる世界大会への出場権をかけた戦いだった。ファンはそう認識していた。これこそが、継続の価値であろう。

【次ページ】 格闘ゲームで起きた悲しい出来事。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

League of Legends

ゲームの前後のコラム

ページトップ