Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<届かなかった甲子園>
“悲願校”からプロへの道。

posted2019/08/01 15:00

 
<届かなかった甲子園>“悲願校”からプロへの道。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

秋山は3年夏に主将として県大会準々決勝でコールド負け。この頃からプロ入りを目指す。

text by

田澤健一郎

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

強豪に阻まれ、あと一歩のところで甲子園に届いていない“悲願校”。甲子園のステージに立たずともプロを輩出してきた高校を調べてみた。(Number983号掲載)

 プロ野球選手の出身高校は、甲子園出場経験のある強豪であるケースが多い。ただ、プロになれるか否かの根本は、個人の資質や能力の話。当然ながら甲子園未経験校出身の選手もいる。現役ならば糸井嘉男(阪神/宮津)、千賀滉大(ソフトバンク/蒲郡)、今永昇太(DeNA/北筑)らが代表格だ。では、甲子園初出場を悲願とする学校ながら、プロ選手を多数輩出している高校はどこか?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1101文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

糸井嘉男
千賀滉大
今永昇太
秋山翔吾
宮津高校
蒲郡高校
北筑高校
横浜創学館高校
向上高校

高校野球の前後の記事

ページトップ