ラグビーPRESSBACK NUMBER

早大ラグビーでの挫折を経て世界へ。
“コーチを教えるコーチ”って何?

posted2019/06/22 17:00

 
早大ラグビーでの挫折を経て世界へ。“コーチを教えるコーチ”って何?<Number Web> photograph by Masataka Tara

指導者による問題が相次いだ近年。今田のような「コーチディベロッパー」が日本のスポーツ界に果たす役割は大きい。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Masataka Tara

 今田圭太。ラグビー界、バスケ界、野球界と、異なる競技をフィールドにする異色指導者である。

 といっても、直接的な選手指導はラグビーのみ。バスケ界、野球界には、コーチをコーチする「コーチディベロッパー」という立場で関わっている。

 コーチディベロッパーとしての今田は、たとえば現場コーチにこう問いかける。

「あなたが組んだ今日の練習の目的は?」

「その目的に対して、練習は何点でしたか?」

「良かった点、悪かった点は?」

「今後より良くするためにはどうすれば良いと思いますか?」

大人の学びは痛みをともなう。

 現在、自身も社会人ラグビーのビッグブルーズ(旧・日本IBMビッグブルー)のヘッドコーチとして、週3回以上は現場に立つ。ラグビー高校日本代表のコーチングスタッフでもある。現役プロコーチであり、かつては自身も返答する側だった今田は、こうした質問が心地良いものではないことは分かっている。

「基本的にコーチは『人に言われたくない』『否定されたくない』という気持ちがとても強いんです。講習会では、基本的に自分の練習の良かったところ、悪かったところを曝け出してもらいます。やられる方は相当嫌だということは分かっています」

 参加者は自身の経験、コーチ哲学が揺さぶられる。これまでの歳月を否定することにもなるかもしれない。そうなれば、当然大きな痛みをともなう。

「ラグビーのユースコーチ、リソースコーチの集まりでは、中竹さん(竜二/日本ラグビー協会コーチングディレクター)が、『大人の学びは痛みをともなう』とよく言っています。アメリカのジャック・メジローという社会学者の言葉だそうです。『NO PAIN NO COACHなんだ』と」

【次ページ】 教育実習で見つけた指導者という道。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

今田圭太
清宮克幸
中竹竜二

ラグビーの前後のコラム

ページトップ