ラグビーPRESSBACK NUMBER

早大ラグビーでの挫折を経て世界へ。
“コーチを教えるコーチ”って何? 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2019/06/22 17:00

早大ラグビーでの挫折を経て世界へ。“コーチを教えるコーチ”って何?<Number Web> photograph by Masataka Tara

指導者による問題が相次いだ近年。今田のような「コーチディベロッパー」が日本のスポーツ界に果たす役割は大きい。

近鉄退団後、コーチディベロッパーの道へ。

 2016年まで近鉄に7季在籍し、退団後はラグビー界のコーチのコーチ「ワールドラグビー・エデュケーター」の資格も得て、コーチディベロッパーの道へ。そのスキルを活かして、バスケ界、野球界へ活動の場を広げてきた。

「ワールドラグビーのエデュケーターは日本に20人くらいいるのですが、いろんな競技に関わっているのは僕だけかもしれません。競技の専門的な知識を教えているわけではなく、コーチングを提供しているので、どの競技でも大丈夫です」

 あるプロ野球チームでは月に1度、ファームのコーチと1回45分の対話をする。中身は質問が中心になる。

「その時間はコーチのための時間なので、質問に時間を使います。ただ良い質問をしないと、良い答えが返ってこないと思っています」

 たとえば今田が、次回までの取り組みを尋ねる。

 コーチが、選手から意見を引き出すことを頑張ります、と答えたとする。

「『頑張ります』は良い返しではありません。具体的ではないので、『それはいつできますか』『毎日できますか』『全員とできますか』と突っ込んでいきます。深める質問、話題を広げる質問、狭めて最終決断をするための質問……。いろいろあると思っています」

 良い質問を駆使して、良い返答を引き出し、コーチ自身の認識を深めていく。痛みをともなえば、それは成長したいコーチにとっては良い兆候だ。

今田が抱く大きな夢。

 今田自身もコーチディベロッパーとして挑戦を続けたいと考えている。ラグビー界、バスケ界、野球界を股にかける男は、その柔らかい物腰からは想像しにくい夢を抱いている。

「世界一大きいクラブ、たとえばFCバルセロナとか、ニューヨーク・ヤンキースとか、そういうチームと契約してみたいなと思います」

 大学でレギュラーになれなくても、コーチディベロッパーとしてなら、世界のビッグチームと契約できる。もちろんそのために痛みと向き合い、これからも成長を続けるつもりだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

今田圭太
清宮克幸
中竹竜二

ラグビーの前後のコラム

ページトップ