Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<スペシャルQ&A>
武豊「50歳ユタカに50の質問」

posted2019/05/16 08:00

 
<スペシャルQ&A>武豊「50歳ユタカに50の質問」<Number Web> photograph by Tetsuya Ito

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Tetsuya Ito

デビューから32年、JRA4000勝など数々の金字塔を打ち立ててきた男に、読者から募った質問を直球でぶつけた。天才ジョッキーとの真剣勝負、50問50答。

 時代が平成から令和に変わり、5月26日、最初の日本ダービーを迎える。

 30回開催された平成の“競馬の祭典”において、常に主役であり続けたのが武豊だ。

 '98年 スペシャルウィーク  '99年 アドマイヤベガ  '02年 タニノギムレット  '05年 ディープインパクト  '13年 キズナ

 歴代最多の5勝を挙げ、競馬界を背負う、「時代の顔」として活躍してきた。

 今回、50歳になったいまも第一線で戦うジョッキーへの質問を、読者から募った。

 多くの問いが寄せられたが、その内容は、過去のダービーや騎乗した名馬たちとの思い出から、私生活、年齢を重ねる中で意識することなど、騎手としての実績と人気を裏付けるかのように多岐に及んだ。

 編集部で厳選した50の質問をぶつけると、天才ジョッキーは、ときに往時を思い浮かべ、ときに笑顔で、真摯に答えてくれた。

Q1 今年は令和元年ダービーです。30年前の平成元年、ウィナーズサークルが勝ったダービーの思い出はありますか?

 僕が乗ったのはタニノジュニアス(10着)ですよね。僕にとって2度目のダービーでした。その思い出はというと……(女優の)黒木瞳さんが府中まで応援に来てくださっていたことですね(笑)。その前に、京都で食事をご一緒する機会があって、「今度応援に行きたいわ」とおっしゃってくれて、「じゃあダービーでぜひ」という流れでした。

 '87年に騎手になって、今まで29回ダービーに乗っていますが、すべてのレースに思い出がありますよ。

Q2 デビューした'87年、'92年、'10年はダービーで騎乗されていません。自分が乗っていないダービーの思い出はありますか?

 エイシンフラッシュが勝った'10年は、ケガをしていたのでダービーの前後はずっと家にいたんですが、前の日くらいに「ああ、ダービーやっぱり見たいな」と思って、三角巾で左手を吊りながら新幹線に乗り、東京競馬場に行ったんです。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ