メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ダルビッシュが取り戻した遊び心。
職人系より、ゲーマー系でいこう。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/23 10:30

ダルビッシュが取り戻した遊び心。職人系より、ゲーマー系でいこう。<Number Web> photograph by AFLO

303日ぶりの勝利が話題となったダルビッシュだが、今はマウンドに立つこと自体が楽しくて仕方なさそうだ。

「職業的になっている。自分らしくない」

 本人の中には確かに「良い感覚」というのがある。難しいのを承知で、それを理詰めで再現しようとしてきた。努力の甲斐あって、平地での立ち投げや投球練習では良くなったが、相手の打者や天気や観客を入れた野球場の雰囲気など、環境が変わるとまた違ってしまう。

 そんなことが何度となく繰り返され、ふと気が付けば、敵は相手チームではなく、自分自身になっていた。

「職業的になっている。自分らしくない。自分はもっと芸術家と言うか、自分のやりたいことをやって味が出るタイプだと思っているので、職人系じゃない。考えて考えてっていうタイプじゃないから」

 日本にいた頃の彼の姿を覚えている人、リアルタイムではなくとも当時の映像を見たことがある人ならば、その言葉に納得がいくのではないか。

 昔の彼はマウンド上で感情を露わにしていた、ということではない。当時のダルビッシュも、今とまったく同じように冷静沈着に打者を打ち取っている。

 だからリゾが言うような「怒り」も、そこにはない。

 違うのは、マウンド上の彼が、どこか嬉々とした表情を浮かべていることだ。

 マウンド上で打者と対峙することに、立ち向かってくる彼らを速球でねじ伏せたり、多彩な変化球でバットに空を切らせることが、楽しくて、楽しくてしょうがないという風に。

まるでゲームをクリアするかのように。

 ダルビッシュは20日の試合後、こう言っている。

「昔はとにかくエグい球を投げようと、次、こんな握りで投げたら、こんな変化するんちゃうかとか、ずっと考えてた。だから、ブルペンの日とかもすごい楽しみやったし、このフォーク落ちるんちゃうかとかやってた」

 プロの世界でそんなことを考えながらやれるのは、当時の彼がとにかく、圧倒的だったからだろう。     それが変わった理由はおそらく、ひとつではない。

 まるでゲームでもやるかのように「この敵をやっつけるのには、どんな武器をどう使えばいいのか?」、「このダンジョンをクリアするには、どのぐらいのレベルになればいいのか?」と考えて楽しむ。

 打者を攻略するための武器を磨き、チームを勝たせるために試合をこつこつと作り上げていく――。

 そんな楽しみが少しづつ失われていった理由は、とてもシンプルに書けば、そこがメジャーリーグだったからだと思う。

【次ページ】 自らの檻を突き破って奔放に。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダルビッシュ有
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ