Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<同僚と監督がイチローに贈る言葉>
シアトルより愛をこめて。

posted2019/04/22 15:00

 
<同僚と監督がイチローに贈る言葉>シアトルより愛をこめて。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

ブラッド・レフトン

ブラッド・レフトンBrad Lefton

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

彼の引退劇に、全米の野球人がメッセージを発した。
そしてマリナーズの仲間からは惜別の想いがあふれた。
美しい涙を見せたゴードンと、サービス監督がその愛情を語る。

 日本のファンにとって、菊池雄星が涙に暮れながら自分のヒーローの肩に頭を預ける姿は、イチロー最後のゲームの記憶に残り続ける名場面だったろう。そしてアメリカでは、ディー・ゴードンの頬をつたう一筋の涙がファンの心を打った。

 イチローの最初のマリナーズ在籍時代には、利己的で不平屋という不当なイメージがつきまとっていた。だが、この日の彼らの気持ちこそがそのイメージよりも遥かに、チームメート、対戦相手、野球人たちがイチローに感じるものをよく表している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3988文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

シアトル・マリナーズ
マイアミ・マーリンズ
イチロー
ディー・ゴードン
スコット・サービス

MLBの前後の記事

ページトップ