Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<Dear Ichiro>
大谷翔平「僕が追いかけなかったら」

posted2019/04/23 15:00

 
<Dear Ichiro>大谷翔平「僕が追いかけなかったら」<Number Web> photograph by AFLO

イチローが選手登録を外れた翌日の'18年5月4日、大谷が挨拶に行くとイチローは逃げた。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

AFLO

「世界一の選手にならないといけない」
引退会見で“後継者指名”を受けた24歳。
世代を超えた夢の対決は寸前で叶わなかったが、二人の先駆者は確かな邂逅を果たしていた。

 逃げるほうも逃げるほうだが、まさか、すかさず追いかけるとは――。

 2018年5月4日。

 この日、シアトルではエンゼルスとマリナーズとの、シーズン初めての試合が行われることになっていた。メジャー18年目のシーズンをマリナーズで迎えていた44歳のイチローと、メジャー1年目、23歳の大谷翔平は、互いに初対決を楽しみにしていた。しかしその直前、イチローがメジャー25人枠を外れ、会長付き特別補佐としてチームに同行することになったため、残念ながら二人の野球人生、初の対決は叶わぬ夢となってしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1641文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

イチロー
大谷翔平
シアトル・マリナーズ
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ