メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ダルビッシュが取り戻した遊び心。
職人系より、ゲーマー系でいこう。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/23 10:30

ダルビッシュが取り戻した遊び心。職人系より、ゲーマー系でいこう。<Number Web> photograph by AFLO

303日ぶりの勝利が話題となったダルビッシュだが、今はマウンドに立つこと自体が楽しくて仕方なさそうだ。

とりあえずキレ気味でマウンドへ。

 思い当たるフシはある。

 右腕を傷めた昨年5月以来の勝利を挙げた15日のマーリンズ戦の最後、なぜか怒っていて、いい球がいった。速球が2016年以来の時速98.7マイル(約159キロ)を計時したのも、その時だ。

 そうかな? と思い、ダルビッシュは5回のマウンドに上がった。

 何に怒りを燃やせば良いのか、よく分からないまま、とりあえずキレ気味に。

 0-3で迎えた5回表は上位打線との対決だった。先頭打者は初回に先制本塁打を許したエドゥアルド・エスコバーで、スライダーで左飛に打ち取った。

 次打者の3番デイビッド・ペラルタにも初回、右越え本塁打を打たれていたが、スライダー2球で2ストライクと追い込む。

 試合前のミーティングでは「ペラルタは速球にめっぽう強い。投げるのはスライダーだけでもいい」と話し合った。事実、そこまでの2打席+2球の7球はすべてスライダーである。

「今の僕はマウンドで冷静すぎ」

 ところが3球目。「キレ気味」のダルビッシュは、こう考えた。

「真っ直ぐでチャレンジしたる。絶対、三振奪ったる」

 3球目こそボールになったが、4球目は外角低めに伸びのある速球が決まった。

 時速95.8マイル(約154キロ)。見逃し三振である。

 続くアダム・ジョーンズをスライダーで空振り三振に仕留め、5回を3失点で切り抜けた。

 この日3四球を出してナ・リーグでワーストとなる18四球に達したものの、7三振を奪った。

 その裏の攻撃で打順が回ってきたため、ダルビッシュは代打を送られて降板し、チームがそのまま敗れたために今季3敗目を喫した。

 試合後の会見で本人が明かしたのが、リゾのアドバイスの件だった。

「多分ですけど、今の僕はマウンドで冷静すぎる……いろんなことに。普段の僕があそこにいるって感じなんです。普通はもうひとりの自分がいて、“こいつどうやって三振奪ったろかな”とかそんなことばっかり考えていたのが、“フォームがどうかなとか、大丈夫かなとか”を先に考えちゃってる」

【次ページ】 「職業的になっている。自分らしくない」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダルビッシュ有
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ