メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ダルビッシュが取り戻した遊び心。
職人系より、ゲーマー系でいこう。

posted2019/04/23 10:30

 
ダルビッシュが取り戻した遊び心。職人系より、ゲーマー系でいこう。<Number Web> photograph by AFLO

303日ぶりの勝利が話題となったダルビッシュだが、今はマウンドに立つこと自体が楽しくて仕方なさそうだ。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

AFLO

 それは4回裏、味方の攻撃中だった。

 4月20日、シカゴ・カブスの本拠地リグリーフィールドの三塁側ダッグ・アウトの後列で、その日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発したダルビッシュ有投手は、心の中にある種の澱みを抱えながら、静かに戦況を見守っていた。

 また、同じだ。どこかしっくり来ない。スライダーやカーブやカッターなどの「曲がる系」はいいが、ファストボール=速球を投げる時の感覚が良くならない――。

 初回に甘い速球を叩かれて先制のソロ本塁打を許した。2本目の本塁打は低めのスライダーをうまく打たれたが、2回はずっと課題だった速球の制球が乱れての連続四球から、犠打と犠飛で3点目を失った。

 針の穴を通すような精密なコントロールで勝負してきたわけではないが、それにしてもコントロールできない。

 いろいろ手は尽くしている。体の捻りを抑え気味に投げてみたり、前屈みにならぬように重心を踵寄りにしてみたり。左足の上げ方も変えてみた。投球前の準備の仕方も変えた。

 だが、何をやっても本当の意味で、良くなっていない。3回と4回は走者を出しながらも無失点に抑えたが、納得できるはずがない。

チームメートからの助言は「怒れ」。

 ふと気が付くと、隣に一塁手のアンソニー・リゾが座っている。ダルビッシュは思わず、こう尋ねたという。

「なんか、アドバイスくれよ」

 悩める右腕に、真剣な顔つきで、リゾは答えた。

「You gotta get angry.(怒れよ)」と。

 怒れって、どういうこと? 誰に? どうやったらいいの?

「簡単だ。◯◯◯◯・ユーだ」

 いわゆる、放送禁止用語。しかし、スポーツ界の舞台裏ではフランクに使われる。リゾは続けて、打者としての立場から「Yu Darvish」をこう見ていると明かした。

「俺たち打者は、お前と対戦するのが怖いんだ。お前がバンバン行けば打たれないよ。逆にお前が怖がっていたら、俺らは打てるんだ」

【次ページ】 とりあえずキレ気味でマウンドへ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダルビッシュ有
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ