メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大谷同僚トラウトが470億円契約。
MLBでは「FA回避」が当たり前? 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/14 08:00

大谷同僚トラウトが470億円契約。MLBでは「FA回避」が当たり前?<Number Web> photograph by Getty Images

マイク・トラウトは4月4日から4戦連発で5本塁打を記録。4月1日~7日の週間MVPにも選ばれた。

変化しつつあるFAの重み。

 実際、過去40年以上にわたり、選手の権利として存在してきたFAの重みは、徐々に変化してきた。実績を残せば好条件を手にできる一方で、不振の選手は正式オファーにいたらないケースも少なくない。

 '15年サイ・ヤング賞左腕のダラス・カイケル(31=前アストロズ)、昨季、世界一奪回に貢献した通算333セーブの快速右腕クレイグ・キンブレル(30=元レッドソックス)ら、超高額契約が見込まれる選手が、開幕後(4月9日時点)でも所属先が決まらず、依然として「浪人」する事態に追い込まれている。

 オールスター出場5回、通算270本塁打のアダム・ジョーンズ外野手(33=前オリオールズ)は、キャンプイン後、前年から15億円超の減額となる年俸3億3000万円でダイヤモンドバックスと契約。

 このほか、実績を残しながら、今季はマイナー契約からスタートする選手も数多い。

FA回避、増える長期契約。

 その結果、トラウトだけでなく、多数の主力選手が契約延長を選択する傾向が顕著になった。ロッキーズがノーラン・アレナド内野手(28)と8年287億円、メッツがジェイコブ・ディグロム投手(30)と6年187億円、さらにブレーブスがメジャー登録165日のロナルド・アクーニャ外野手(21)と8年111億円の契約を交わすなど、「FA回避」の流れが加速化してきた。

 FAか、契約延長か――。

 現時点で、どちらが正解なのかは分からない。

 いずれにしても、今後数年間は、選手・代理人側と球団との間で、シビアな駆け引きが繰り広げられることになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2
ロサンゼルス・エンゼルス
マイク・トラウト
ブライス・ハーパー
マニー・マチャド

MLBの前後の記事

ページトップ