酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

あまりに偉大な2004年のイチロー。
262安打の足跡を今一度振り返る。

posted2019/04/14 11:30

 
あまりに偉大な2004年のイチロー。262安打の足跡を今一度振り返る。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

シーズン262安打を放った2004年のイチロー。「マルチヒット」という言葉が日本に定着したのも、彼がいたからこそだ。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 イチローがいない春を読者各位はどのようにお過ごしだろうか。

 メディアでは「イチロー氏」だの「イチローさん」だの、急によそよそしい呼称をつけだしているが、それも寂しい。

 全盛期から振り返ってみても、イチローの春の動静に私たちは一喜一憂したものだ。いざ引退が現実のものになると寂寥感は半端ではない。

 イチローの長いキャリアで語るべきことは多いが、ここでは2004年、MLB新記録の262安打を打ったシーズンを当時の新聞報道などから振り返ろう。

5月に入ってペースが上がった。

 この年、イチローは30歳。メジャー4年目。新人の年から打率は.350、.321、.312とじりじりと下落。一流のレベルは保っていたが「今年は3割キープできるか」という声もちらほら聞こえていた。

 オープン戦では.429(1打点)と活躍したが、シーズンが開幕すると安打がなかなか続かない。4月15日、16日は2試合連続で5打数無安打。4月28日にもまた5タコ。4月末時点では102打数26安打、打率.255。チームも開幕ダッシュに失敗し、地元メディアからはイチローもチーム低迷の要因だという声が挙がっていた。

 しかし5月に入ってから、イチローのメインエンジンに火が入った。1日にシーズン初本塁打。「目標はゼロじゃない。1本は打ちたかった」と控えめに語ったが、この日から4試合連続マルチヒット。それを含めて18日まで15試合連続安打をマークした。

 思えばイチローは「マルチヒット」という言葉を日本にもたらした存在だ。メジャーデビュー年の活躍に、当時のマリナーズ、ルー・ピネラ監督が「ヤツは毎日マルチなんだから」と漏らした言葉が日本で有名になったのだ。

 シーズン打率が3割に乗ったのが5月13日で、22日には日米通算2000本安打を達成。本拠地のファンからスタンディングオベーションを送られた。オリックス入団時にイチローを指導したの河村健一郎打撃コーチも「彼は入団してすぐに書かせたレポートで、12年で2000本安打と書いた。13年目だが、それに近い年数で打ってしまうとは」と振り返りつつ、驚いていたという。

 5月は月間50安打。これは2001年8月に続いて2度目の記録で、ピート・ローズに並んだ。

 しかしこの快挙は、この年のイチローにとってはまだまだ「序の口」に過ぎなかった。

【次ページ】 40試合連続出塁に5打数5安打も。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ