Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<鹿島同期入団の絆>柴崎岳と昌子源へ。土居聖真からの伝言。 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/07/11 15:00

<鹿島同期入団の絆>柴崎岳と昌子源へ。土居聖真からの伝言。<Number Web> photograph by J.LEAGUE
 7年前に鹿島でプロとしての第一歩を踏み出した柴崎岳、昌子源の2人が、ロシアの地で躍動した。
 その姿を日本から見守った同期・土居聖真が感じた、頼もしき司令塔とストッパーの進化とは――。

 あれから7年が経った。

 2011年2月4日、カシマスタジアム。深紅のユニフォームを身にまとい、ピッチでともに並んだ。土居聖真の背番号は28、柴崎岳は20、昌子源は23。新加入会見で、鹿島アントラーズの井畑滋社長(当時)は「今年はクラブ創設20周年ということもあり、頭(十の位)に2をつけた。将来的には2を取るような選手になってほしい」と期待の大きさを口にした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2041文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

鹿島アントラーズ
柴崎岳
昌子源
土居聖真
ロシアW杯
ワールドカップ

Jリーグの前後の記事

ページトップ