Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<鹿島同期入団の絆>柴崎岳と昌子源へ。土居聖真からの伝言。 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/07/11 15:00

<鹿島同期入団の絆>柴崎岳と昌子源へ。土居聖真からの伝言。<Number Web> photograph by J.LEAGUE
 7年前に鹿島でプロとしての第一歩を踏み出した柴崎岳、昌子源の2人が、ロシアの地で躍動した。
 その姿を日本から見守った同期・土居聖真が感じた、頼もしき司令塔とストッパーの進化とは――。

 あれから7年が経った。

 2011年2月4日、カシマスタジアム。深紅のユニフォームを身にまとい、ピッチでともに並んだ。土居聖真の背番号は28、柴崎岳は20、昌子源は23。新加入会見で、鹿島アントラーズの井畑滋社長(当時)は「今年はクラブ創設20周年ということもあり、頭(十の位)に2をつけた。将来的には2を取るような選手になってほしい」と期待の大きさを口にした。

 今や3人の背中から「2」は取れた。柴崎はスペインへ活躍の場を移したが、鹿島から引き続きヘタフェで10を、土居は鹿島で8を、チームメイトの昌子は3を背負う。

 日本じゅうが熱狂したコロンビア戦に出場した2人を、土居はどう見たのか。ともに戦ってきた同期への伝言とは。

   ◇

 1点リードと相手10人という好条件から試合が始まった感じでした。それでも、勝つのはすごい。同点に追いつかれながら、サコくん(大迫勇也)がよく決めましたよね。攻められても人数が揃っていたから、そこまでやられる感じもなかった。最後はよく集中してやれたと思います。ただ、勝って良かったなあと思う反面、11人対11人での試合を見たかったという思いもあります。コロンビアは強かったから。

 香川真司さんのポジションは、アントラーズでの「俺と一緒じゃん!」って思いながら見ていました。岳が縦パスを入れて、コンビネーションを使ってゴールに迫る。前にはサコくんがいる。一緒にプレーしていたときが思い出される感覚でした。せっかくの鹿島ラインなのに、なんで「ここだけ俺じゃないんだ!」って。もちろん僕の力不足なんですけど、もしそこに自分が入っていたらという目線で見てしまいました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1533文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

西野ジャパン23人の真実。

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

 

鹿島アントラーズ
柴崎岳
昌子源
土居聖真
ロシアW杯
ワールドカップ

Jリーグの前後の記事

ページトップ