Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<連続インタビュー>
木佐貫洋&土居龍太郎&新垣渚「そして野球と人生は続く」 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2017/05/01 08:00

<連続インタビュー>木佐貫洋&土居龍太郎&新垣渚「そして野球と人生は続く」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

少年に腕の振り方を教える新垣。

昭和55年度生まれの彼らは、今年で37歳を迎える。現役選手19人に対し、第二の人生を歩むのは74人。大学から自由獲得枠でプロ入りした3人の男たちは、新たな環境の中で、野球人生をいかに振り返るか。

 川内高校のエースだった木佐貫洋は甲子園に行けなかった。3年夏の鹿児島県大会決勝で、杉内俊哉を擁する鹿児島実業に惜敗。だから、その鹿実に完勝し春夏連覇をも達成した横浜高校の松坂大輔は、とてつもなく遠い存在だった。

 亜細亜大学に進学すると、同期に小山良男がいた。横浜で松坂の球を受けてきたキャッチャーだ。木佐貫は衝動に駆られた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4504文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

木佐貫洋
土居龍太郎
新垣渚

プロ野球の前後の記事

ページトップ