SCORE CARDBACK NUMBER

初登板ノーヒッターならず。新人・加藤拓也の落ち着き。~メジャーばりのフォームと、インテリな座右の銘~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2017/04/30 09:00

 思えば、あの日にその片鱗は覗いていたのかもしれない。2月のキャンプ中、日南で見た加藤拓也のピッチング。プロ初のシートバッティングに登板した加藤は、ボール球を連発していた。しかし、ストライクゾーンに来たボールに関しては、カープのバッターはことごとく打ちあぐねていた。とりわけ高めのストレートにバットが空を切る。そのとき、加藤はこう言っていた。

「初めは少し荒れましたけど、最後のほうはストライクゾーンで勝負できました。しっかり指にかかっていたので、しっかりした投げ方ができていたのかなと思います。あの高さを振ってもらうのが自分の持ち味ですから、そこは出せたんじゃないですかね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

広島東洋カープ
加藤拓也

プロ野球の前後の記事

ページトップ