Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<強豪を撃破、ベスト4進出>
男子セブンズ「ジャイアントキリング、再び」 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2016/08/29 08:00

<強豪を撃破、ベスト4進出>男子セブンズ「ジャイアントキリング、再び」<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

ワールドラグビーセブンズシリーズの世界ランキングで日本は15位だが、3位のNZ、7位のケニア、11位のフランスら格上に勝利した。

昨年の15人制W杯での快挙に続けとばかりに、初戦からNZ相手に番狂わせをやってのけた男子セブンズ。メダルにはあと一歩及ばずも、世界に確かな爪跡を残した。

「非常にいい組に入ったと思う」

 6月29日、リオ五輪代表選手団発表会見の席で、男子セブンズ日本代表の瀬川智広HCは、この日決まったばかりの五輪のプール分けについて、そう言った。

「ニュージーランド(NZ)は世界一だけどオーソドックスで、対策を立てやすい。イギリスは混成チームなので、我々の組織プレーで十分対抗できる。ケニアはワールドシリーズで優勝したこともあるけれど、出来にムラがあるし、我々が勝ったこともある。決勝トーナメントに進出して、ぜひともメダルを獲得したい」

 大風呂敷を広げたな……そう思った人もいたかもしれない。だが、8月9日昼過ぎ、日本時間の10日未明、リオデジャネイロで演じられた14分間の戦いは、世界のスポーツ界に衝撃を与えるものだった。


 前半3分、相手ゴール前の左展開でWTB後藤輝也(NEC)が左隅に飛び込み先制トライ。NZは190cm 105kgの巨漢FWアキラ・イオアネ(父エディが日本のリコーでプレーしていたときに生まれ、和風の名をつけられた)がパワフルな突進を繰り返し、1トライ&1アシストで12-7と逆転するが、それも瀬川HCのシナリオには織り込み済みだった。

「NZはこの2年ほど、体が大きくてスピードのある選手を集めていて、攻撃力はあるけれど、受けに回ると失点する。僕らの持ち味は狭いスペースを抜けるステップなので、それは出していけるはず」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1243文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Rio 2016 Review>熱狂のリオ。

Sports Graphic Number 2016/9/9特別増刊

<Rio 2016 Review>
熱狂のリオ。

 

桑水流裕策
瀬川智広
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後の記事

ページトップ