Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<義足ランナーの可能性>
為末大の挑戦「パラリンピアンがオリンピアンを超える日」 

text by

川上康介

川上康介Kosuke Kawakami

PROFILE

photograph byphotographs by Takuya Sugiyama

posted2015/11/02 06:00

<義足ランナーの可能性>為末大の挑戦「パラリンピアンがオリンピアンを超える日」<Number Web> photograph by photographs by Takuya Sugiyama

遠藤謙(左)、為末大。

パラリンピアンが世界の価値観と未来を変える。世界陸上メダリストと義足開発者が東京パラリンピックを見据えた壮大なプロジェクトと、その先に描く夢を語る。

 神奈川県小田原市の陸上競技場で行われた練習風景を見学した。最新の競技用の義足を身につけ、トラックを驚くほどのスピードで駆ける義足ランナーたちの姿は、素直にかっこよかった。為末大が数年前に感じたのも、同じような印象だったのだろう。

「2009年、私は米サンディエゴのオリンピックセンターで練習をしていました。アメリカでは負傷した退役軍人がスポーツを楽しむことが多く、このオリンピックセンターでもそういったパラリンピアンがたくさん練習をしていたんです。最初は、私も彼らを見て『大変だなあ』とか『頑張っているな』と思っていた。でも彼らの走りや跳躍を見て、彼らと話し、彼らを知るようになって、パラリンピアンも自分と同じアスリートだということに気がついたんです。よく一緒に練習をしていたアフリカ系の選手は、スタートダッシュこそ遅かったものの、義足を巧みに扱うことでバックストレートでは、驚くようなスピードを見せ、さらにそれを維持することができた。その走りは、明らかにオリンピアンとは異なります。でもまったく別の迫力、魅力があったんです」

 この日、練習をしていた義足ランナーは3名。彼らは、為末とソニーコンピュータサイエンス研究所のエンジニア、遠藤謙を中心に立ち上げた「Xiborg」という会社に所属する選手だ。Xiborgは、パラリンピアンのトレーニングを行いながら、義足のイノベーションに取り組んでいる。為末が長年の競技人生で蓄えてきたアスリートとしての知識、感性と遠藤が持つ開発技術を結集し、義足ランナーの新たな可能性を広げようとしている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

為末大
遠藤謙
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ