オリンピックへの道BACK NUMBER

超ハイレベルな全日本フィギュアで、
勝負を超えた女子選手達の意地を見た。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/12/25 17:30

超ハイレベルな全日本フィギュアで、勝負を超えた女子選手達の意地を見た。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

世界屈指のハイレベルな戦いとなった女子の全日本フィギュア。世界選手権の表彰台にも期待が高まる。

全日本選手権の意義を再確認。

 全日本選手権は、ある意味、優勝だけを競う場ではない。

 出場する選手たちの中には、国際大会で活躍する選手がいれば、全日本選手権出場を目標にこつこつと練習を積み上げて、たどり着いた選手がいる。この大会を集大成の場と定めて、引退する選手も毎年いる。それぞれに、自分なりの目標を立てて臨んでいる。

 ただ、等しいのはベストの演技がしたい、自分を乗り越えたいという意識だ。それが点数や順位にかかわらず、観る者の心を動かす。

 世界屈指のレベルの勝負が見られた一方で、全日本選手権という舞台の重要性をあらためて伝える。

 2018年は、そんな大会だった。

関連記事

BACK 1 2 3
坂本花織
紀平梨花
宮原知子
三原舞依
細田采花

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ