オリンピックへの道BACK NUMBER

超ハイレベルな全日本フィギュアで、
勝負を超えた女子選手達の意地を見た。

posted2018/12/25 17:30

 
超ハイレベルな全日本フィギュアで、勝負を超えた女子選手達の意地を見た。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

世界屈指のハイレベルな戦いとなった女子の全日本フィギュア。世界選手権の表彰台にも期待が高まる。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 演じられたのは、空前の戦いだった。

 同時に、この大会ならではの光景に彩られた時間でもあった。

 2018年のフィギュアスケートを締めくくる全日本選手権は、世界でも屈指のレベルとなった。

 ハイレベルの大会を成立させたのは、優勝した坂本花織にとどまらない。坂本の228.01点に続き、紀平梨花が223.76点で2位、宮原知子は223.34点で3位、そして三原舞依が220.80点で4位と、実に4名が220点台をマークしたのである。

 国際スケート連盟非公認とはいえ、まぎれもなく、日本女子の質と層の厚さを示していた。

 坂本はもちろんのこと、紀平、宮原、三原はそれぞれに心に残る演技を見せた。

紀平が見せた演技中の機転。

 紀平は今シーズンがシニアデビューの年であるにもかかわらず、グランプリシリーズ2戦そしてグランプリファイナルをも制し、脚光を浴びる存在となった。

 今大会で苦しんでいた靴の問題も影響して、ショートプログラムは5位と出遅れたが、フリーはトリプルアクセル2本を成功させるなどして、155.01の高得点を得た。

「どの試合でも集中できるようになったので、ほんとうによかったです」

 印象深かったのは、後半に組み入れていた連続ジャンプだ。

 予定ではトリプルルッツ-ダブルトウループ-ダブルループの3連続だったが、最初のジャンプの着氷が乱れ、ステップアウトとなる。だがそれをステップアウトのままとせず、オイラージャンプとして切り抜け、そのあとにダブルサルコウをつけたのだ。

 オイラージャンプは回転不足となったものの、その機転と冷静さは、あらためて、紀平の力量を思わせた。

【次ページ】 演技構成点で全項目9点台の宮原。

1 2 3 NEXT
坂本花織
紀平梨花
宮原知子
三原舞依
細田采花

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ