サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ロシア大会を褒められると心が痛む。
岡崎慎司の目標は、36歳でW杯。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2018/08/23 11:00

ロシア大会を褒められると心が痛む。岡崎慎司の目標は、36歳でW杯。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

南ア、ブラジル、ロシア……予選で結果を残す一方、岡崎慎司は本大会で悔しさを味わっている。カタールでこそ、の思いが強くなるのは自然だろう。

W杯での熱狂はプレミア優勝以上。

 ストライカーである岡崎は以前から「ゴール数は世界共通の評価だ。その数があれば、どこの国でも評価される」と話している。だから、プレミアでも毎シーズン、得点へのこだわりを抱き、模索し続けてきた。

 ただ同時に、プレミアで高く評価されているのは「得点以外のプレー」で、岡崎の武器、セールスポイント、強みになっていることも理解している。その仕事をしたうえで、得点も決められるストライカーでありたいと常々口にしている。つまり、容易ではないミッション達成へ岡崎の挑戦は続いているのだ。契約満了の時期が近づき、得点という数字の持つ意味はさらに重くなるだろう。

 かつてブンデスリーガで2シーズン連続2けたゴールをマークしたように、身を置く環境が変われば、まったく新しい武器を見出すことができるかもしれない。新天地への期待は、32歳という年齢、キャリアを持つからこそ、膨らむに違いない。ベテランだからこそ、適応力も高く、気づきも多いはずだから。

 当然、移籍先がなければ、岡崎が描くビジョンは絵に描いた餅で終わるだろう。怪我が続いても同じだ。しかし「こんなこと言いながら、4年後は引退しているかもしれない」と笑う岡崎の言葉は、あらゆる可能性にトライし、チャレンジを続ける意欲に満ちていた。

「ワールドカップでの日本の熱狂に触れたとき、プレミアリーグ優勝でも敵わないんだと思った。その舞台で再びあの熱狂を味わいたい」

 36歳でのワールドカップ出場。

 岡崎を牽引するモチベーションとしては、これほど強固なものはないだろう。かつてない大きな夢を抱きながらも、欧州の主要リーグで闘い抜く毎日を堅実に生き続ける。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡崎慎司
レスター
本田圭佑
ロシアW杯
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ