サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ロシア大会を褒められると心が痛む。
岡崎慎司の目標は、36歳でW杯。

posted2018/08/23 11:00

 
ロシア大会を褒められると心が痛む。岡崎慎司の目標は、36歳でW杯。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

南ア、ブラジル、ロシア……予選で結果を残す一方、岡崎慎司は本大会で悔しさを味わっている。カタールでこそ、の思いが強くなるのは自然だろう。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

 ワールドカップが終わり、1カ月あまりが経った。欧州各国リーグも次々と新シーズンを迎えている。

 そんななか、プレミアリーグも開幕したが、岡崎慎司は戦線に復帰していない。ワールドカップで痛めた怪我のリハビリは現在も続いている。

 岡崎にとって3度目となったロシアW杯。3大会連続ゴールこそ達成できなかったが、グループリーグ3試合に出場した。特に第2戦のセネガル戦では、岡崎らしく前線で身体を張った。

 本田圭佑の同点弾は、ゴール前中央で岡崎が相手選手ともどもつぶれたからこそ生まれた。

「『圭佑のゴールは、岡崎のゴールだよ』と周りに言われるたびに心が痛い。ほめてもらえるのはうれしいし、僕を励まそうと言ってくれているとは思うけど、同時にフォローされているような気がして……。自分が100%だったら、と何度も思ってしまう。『怪我を抱えながらも、よくやった』というこのままの印象で終わりたくない。だから、ロシア大会が終わったときに自然と『4年後やな』と思った。自分の挑戦はこれじゃ終われない」

 大会後に短いオフを終えて日本を離れる7月下旬、岡崎はそんなふうに語った。森保一新監督の就任が決まり、新たなスタートを切った日本代表が目指す4年後のカタール大会。岡崎は心機一転、次のワールドカップへの挑戦を心に誓った。

負傷を繰り返し、W杯でも……。

 今年の岡崎は2月上旬に負傷離脱。一度は試合復帰したが、再び戦列を離れた。その間に就任した日本代表の西野朗監督(当時)は岡崎を信頼して、本大会メンバーに選出する。本番までに負傷が癒えるという確信を持ち、回復も進んでいたのだろう。

 だが、6月12日のパラグアイ戦で岡崎はまたもや怪我を負った。指揮官はそれでも岡崎をメンバーに残し、大会初戦、第2戦と途中出場で投入した。

 そして先発した第3戦のポーランド戦。岡崎にとって最大のチャンスは負傷交代に終わった。岡崎のワールドカップは実質この時点で終わっていたのかもしれない。

【次ページ】 痛み止めの注射を打ちながら。

1 2 3 4 NEXT
岡崎慎司
レスター
本田圭佑
ロシアW杯
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ