Jをめぐる冒険BACK NUMBER

ビビるほど凄い同世代の敵サウジ。
森保U-21はなぜ自信を漂わせるか。

posted2018/08/27 11:40

 
ビビるほど凄い同世代の敵サウジ。森保U-21はなぜ自信を漂わせるか。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

アジア大会で活躍すればA代表にも抜擢……と森保一監督も言及しているので、選手たちの士気も高い。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Naoki Morita/AFLO SPORT

 森保一監督がアジア大会の目標として掲げるベスト4まであとひとつ――。

 しかし、21歳以下の若き日本代表の前には、決して低くない壁がそびえ立つ。

「映像を見てビビるというか、凄いなと思ったので、だいぶリスペクトしている部分はあります」

 8月27日の準々決勝の相手、サウジアラビアの印象についてそう語ったのは、3バックの中央を務める立田悠悟(清水エスパルス)である。

 立田が恐れを抱くのも無理はない。サウジアラビアはラウンド16で中国を4-3で下している。スコアを見れば大接戦だが、実際には後半半ばまでサウジアラビアが4-0とリードし、油断したゲーム終盤に追い上げられたゲーム。全体を通してみれば、サウジアラビアの攻撃力が際立っていた。

 なかでも強烈な存在感を放つのが、ワントップを張る9番、ムサ・カマラである。

前戦ではハットトリックのFWカマラ。

 カマラの公式記録にはなぜか身長が記されていないのだが、おそらく190センチ近い本格派のストライカーで、ラウンド16では中国の屈強なDFをモノともせずにハットトリックを達成している。

「打開能力があって、スピードもテクニックも身体の強さもある」とは森保監督のカマラ評だ。指揮官は警戒心を強めたうえで、カマラ対策について明かした。

「彼に気持ち良く仕事をさせないようにしないといけない。中盤には彼にパスを出せる選手、時間とスペースがない中でボールを受けてボールを動かし、配球できる選手がいるので、9番に出る前にしっかり止められるように。球際のバトル、しつこくやりながら、勇気をもって攻撃に関わってゴールに向かっていってほしい」

【次ページ】 トップ下のアルフライフが厄介。

1 2 3 4 NEXT
立田悠悟
森保一
ムサ・カマラ
アイマン・アルフライフ
三好康児
原輝綺

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ