オリンピックへの道BACK NUMBER

日大アメフト部の指導者に欠けていた、
「コーチに最も必要な資質」とは?

posted2018/05/27 09:00

 
日大アメフト部の指導者に欠けていた、「コーチに最も必要な資質」とは?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono(R)

写真左が下北沢成徳高校バレー部の小川良樹監督。右は帝京大学ラグビー部の岩出雅之監督。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Tamon Matsuzono(R)

 あまりにも……というほかない。

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の一戦における、日大選手によるあり得ない反則行為に端を発した問題は、反則をした選手、日大の内田正人前監督と井上奨コーチ、双方が記者会見を行うに至った。

 会見で明かされた話の内容は、真っ向から対立している。

 ただあらゆる情報は、当該選手の言葉の真実性を指し示している。

 あえて言えば、監督、コーチと選手の間で交わされたという言葉も含め、どのようなやりとりがあったのか、事実が確定しているわけではない。

 だがもはや詳細な事実がどうあれ、日大のコーチ陣が、もはや指導者としての体をなしていないことは明らかとなった。

 その理由を語るためにも、他競技からいくつかの例をあげていきたい。

結局体育会系って、そんなものなのか?

 今回の出来事のあと、「スポーツは、体育会はそういうものだから」という言葉を耳にすることが何度かあった。そこにあるのは、指導者を頂点とするピラミッド型の組織があり、上下関係が絶対となっている世界、というイメージではないか。

 日大選手の、「監督と話す機会はほとんどなかった」、あるいは日本代表には行くなと言われて「なぜですか、と言えるような関係ではなかったと思います」という言葉は、そのイメージをなぞっている。

 だが実際は、そうした関係性からかけ離れた部も多く存在する。

 帝京大学ラグビー部は、昨年度の大学選手権を制し、9連覇を達成した。

 部の特色は、4年生が最も責任を負い、1年生の負担がいちばん軽いことにあるという。

【次ページ】 帝京大、上下関係とは無縁の部活動とは?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

日本大学
内田正人
井上奨
帝京大学
岩出雅之
下北沢成徳高校
小川良樹

他競技の前後のコラム

ページトップ