オリンピックへの道BACK NUMBER

日大アメフト部の指導者に欠けていた、
「コーチに最も必要な資質」とは? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono(R)

posted2018/05/27 09:00

日大アメフト部の指導者に欠けていた、「コーチに最も必要な資質」とは?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono(R)

写真左が下北沢成徳高校バレー部の小川良樹監督。右は帝京大学ラグビー部の岩出雅之監督。

「そこにいる人間を愛する能力だ」

 では、指導者に求められる資質とは何か?

 ラグビー日本代表、早稲田大学などの監督として知られる名指導者、大西鐵之祐氏の言葉が象徴的だ。『知と熱』(文春文庫)で、著者の藤島大氏が「コーチに最も必要な資質とは」と尋ねると、大西氏は即座に答えた。

「そこにいる人間を愛する能力だ」

 日大の指導者の選手に対する言葉は、大西氏のスタンスとは対極にある。

 相手を踏みにじってでも自身の正当性を訴える姿勢は、選手を突き放し、まるで闘う相手と捉えているかのようでもあり、選手のことを思う気持ちが完全に欠如している。選手を預かる立場としての責任もうかがえない。

 今後、どのように推移していくかは不明だが、すでに、指導者としての体をなしていないという理由はそこにある。そして、そのような指導者のもとで過ごさざるを得なかった選手の心中を思わざるを得ない。

 日大アメフト部をめぐる一連の出来事は、心ある人々も少なからずいるスポーツ界を貶めるものでもあった。そういう意味でも、今回の行為の代償は、あまりにも大きい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

日本大学
内田正人
井上奨
帝京大学
岩出雅之
下北沢成徳高校
小川良樹

他競技の前後のコラム

ページトップ