バレーボールPRESSBACK NUMBER

バレーで欧州3カ国を渡り歩いた男。
古賀太一郎、海外との向き合い方。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKiyoshi Sakamoto

posted2018/05/15 17:00

バレーで欧州3カ国を渡り歩いた男。古賀太一郎、海外との向き合い方。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto

全日本に選ばれた古賀は、「メンタルで負けずに世界としっかり戦える集団になる手助けができればと思います」と話す。

家族の言葉もあり、海外を選択。

 昨年の夏、まさにその状況に直面した。

 古賀は既に海外育成出向制度を2シーズン使っていたため、それ以上、同じ形で継続することは難しいと判断された。

「社員はみんな平等に扱わなければいけないので、僕だけ3年も4年もというわけにはいきませんからね……」

 社員として国内でプレーするか、社員を辞めて海外でのプレーを選ぶか、逡巡した。海外で続けたい思いは強かったが、家族のために安定した生活も手放したくはない。

「でも最終的には家族が『好きなようにやればいい』と言ってくれたので、『じゃ好きなようにやる!』と(笑)」

 そうした経緯で古賀はプロ選手となり、豊田合成はスポンサーとしてサポートすることとなった。

“名前負け”を日本から払拭したい。

 海外でプレーする中で古賀が得たものの1つは、「世界の中での自分の立ち位置がわかったこと」だと言う。

「そこはシーズンを通して行くことによって、だんだん鮮明になります。最初は不安でしたが、思っていたよりも通用する部分があった。もちろん上には上がいますけど。Vリーグのレベルが低いわけじゃないですが、世界と戦うのが目標なのであれば、やっぱり海外に出て、そういう視点を持つことが絶対にアドバンテージになる。日本人同士でやっていても、その中で得た自信は、海外とやる時の自信にはつながりませんから」

 昨年、古賀は全日本に選ばれた。

 だが、デビュー戦となるはずだった7月の世界選手権アジア最終予選の直前に頸椎を捻挫してしまい出場はかなわなかった。だからこそ今年こそはと、期するものがある。

 プレーで貢献するのはもちろんだが、古賀が代表で示したいのは、メンタル面で世界と対等に向き合うということだ。

 相手のことを知らないと、実際の力の差以上に相手のことを大きく捉えてしまうことがある。いわゆる“名前負け”。日本代表からそういうものを払拭したいと密かに考えている。

【次ページ】 全日本は可能性を秘めているから。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
古賀太一郎
柳田将洋
石川祐希
大竹壱青

バレーボールの前後のコラム

ページトップ