酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

日本のサブマリン投手は美しい。
山田久志から牧田和久に流れる伝統。

posted2018/02/26 10:30

 
日本のサブマリン投手は美しい。山田久志から牧田和久に流れる伝統。<Number Web> photograph by AFLO

WBCなど国際試合でも活用された牧田のサブマリン。シーズンを通じてもメジャーで活躍できるか注目だ。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

AFLO

 何を隠そう、私は若いころ、草野球ではちょっと知られたサブマリンだった。アンダースローのフォームで投げることができた。プロの投手と同様、指を離れた球はくくっと浮き上がったものだ。

 ただ、浮き上がった球は打者の手前で打ちごろの高さ、速さになった。私は「確実に安打を打たれる男」として、敵ではなく味方に怖れられたものだ。

「ちょっと知られた」のはそういう意味で、ということだ。

 だから私は、今季NPBからMLBに挑戦する3人の投手のうち、とりわけ牧田和久に注目している。NPBからMLBに挑戦した日本人投手は昨年までで45人にのぼるが、アンダースローの投手は初めてなのだ。

 ロッテのサブマリンエースだった渡辺俊介が2014年に渡米したが、MLB昇格は果たせなかった。

 牧田は「初代和製サブマリン」として、雄姿をアメリカの野球ファンに披露するはずだ。

気づけば下手投げは「絶滅危惧種」に。

 牧田和久のアンダースローは美しい。ぐっと体を折り曲げて、地面すれすれでリリースするまで、流れるようなフォームで投げる。その優雅さと、ホップして手元で伸びる球は、それだけで見ものだ。

 西武の本拠地、メットライフドームには牧田の投球フォームの大きな写真が掲げられ「絶滅危惧種」というキャッチフレーズがついていた。確かにそう言いたくなるほど、昭和の時代に比べてアンダースロー投手は少なくなっている。

 アンダースローと言えば、日本人は「日本野球のもの」と思っているが、元祖はアメリカだ。そもそも野球は下手投げでやる球技だった。オーバースローは1884年に認められるようになったのだ。

【次ページ】 サブマリンの100勝投手は16人もいる。

1 2 3 4 NEXT
牧田和久
山田久志
渡辺俊介

プロ野球の前後のコラム

ページトップ