マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

有力投手がドラフト指名外のカラクリ。
「“エライさん”に説明するのが……」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2017/11/14 07:00

有力投手がドラフト指名外のカラクリ。「“エライさん”に説明するのが……」<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロに入るための能力と実際に活躍するための能力には、ズレがあるケースがある。西川大地もそのタイプだとは思うのだが……。

「育成では入りません」という縛りが増えてもいい。

「縛り」は悪いことじゃない。

 一見、契約金の吊り上げのようにも見えるかもしれないが、選手側から指名順位に条件を付けるということは、裏を返せば、選手側にそれだけの責任が伴ってくる。

 選手はそれだけ万全の準備と覚悟を持ってプロに進み、相応の時期に順位にふさわしい“仕事”をやってのけなくては、オトコがすたるわけだ。球団、選手双方にとって、とても前向きな考え方だと思う。

 実は、私としてはもう1つ別の縛りがあってもよいと考えている。

「支配下ドラフト縛り」という考え方だ。

 育成ドラフトでは、プロに入りません! そんな決然とした態度をとる選手、関係者がもっと多くいてよい。

 選手側から見れば、育成とは、ある意味、プロ側からの「失格の評価」と考えてもよいと思う。どうぞ、いらしてください……なら、支配下ドラフトで指名するはずだろう。

 育成という言葉はきれいだが実態は、万が一戦力になったら……という淡い期待と、入りたければ獲ってあげましょう、という入団条件。

 育成という評価は、「ほんとのところ、プロにはまだ届いていないんですよ」と翻訳するべきだろう。

 安売りという言葉が激しすぎれば、“早売り”でもいい。

 人生の大きな部分が決定しかねない大切な選択の中に、「ここはグッと辛抱して思いとどまる」。そんな選択肢がもっとあっていいのに……。

 いつも、そんなことを考えてしまう秋でもある。

関連記事

BACK 1 2 3
西川大地
桜井俊貴

プロ野球の前後の記事

ページトップ