Number ExBACK NUMBER

カープの強さを伝える驚きの逸話。
今も語り継がれる黒田、新井伝説とは? 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/02 11:00

カープの強さを伝える驚きの逸話。今も語り継がれる黒田、新井伝説とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

1999年、カープ入団直後の新井。大学通算2本塁打ながら……「将来は4番に」「空に向かって打つ」と己の可能性を信じていた。

北別府から浴びせられた厳しいアドバイス。

「そうしたら『馬鹿、俺が投げている時にこいつらが打ってくれるかもしれないんだよ。それで勝ち星がつくかもしれないんだよ。そういう奴らには頑張ってくれと言うしかない。でもお前は違うだろ。それでお金をもらっている。プロとしてブルペン捕手をやっている。だからそんな甘い考えで話をするな。いい音鳴らして、選手に気持ち良く投げてもらうのがお前らの仕事だ。他に仕事がないからこの仕事をやっているんじゃないんだよ』って。あの北別府さんの言葉っていうのは今も残っています」

 水本はそれから歴代エースに愛されるブルペン捕手となり、誰にでも率直にものが言える人間性も買われ、やがてコーチ補佐、ブルペンコーチとなり、昨年、ついに二軍監督となった。

 掛布雅之、小笠原道大ら元スター選手が他球団の二軍監督として名を連ねる中、水本のカープは今年、ウエスタン・リーグを制覇した。

「変な話、僕が二軍の監督をやるっていうのは世の中から見れば、奇跡に近いと思うんですよ。実際にそういう風に言われますし、僕もそう思っているんで」

「やはり三村さんのおかげで、今の道があった」

 決してエリートではない男たちが汗とともに奇跡を起こす。

 ベタで、泥臭くて、恥ずかしくなってしまいそうなストーリーも、不思議と赤いユニホームのもとでは照れずに語れる。そういう伝統がこのチームにはある。二軍に息づく汗を惜しまない風土が、今のカープの強さにつながっているのか。

 そして今回、水本にはその根幹を育てた人物についての話を聞きたかった。

 三村敏之。

 享年61。

 カープ黄金時代のいぶし銀にして、'90年代後半、悲劇の監督となった人物である。

「いろいろな人にお世話になった中で、やはり三村さんのおかげで、今の道があったのかなと感じます。今、緒方が監督で優勝するのも何か意味があるんだろうな、と」――。

Number936号「カープの時代」では、ノンフィクション「三村敏之と緒方孝市 カープ30年物語」が掲載されています。ほかにも新井貴浩がインタビューにて、鈴木誠也に対する思い、小学生の頃の作文、そして、黒田博樹さんから託された意志を明かしています。他では読めない秘話満載のこの一冊。カープファンならずとも必読です!

関連記事

BACK 1 2 3
広島東洋カープ
新井貴浩
黒田博樹
水本勝己
三村敏之
北別府学

プロ野球の前後の記事

ページトップ