Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<4人の先発投手の奮闘>黒田のいない136試合。~野村祐輔/大瀬良大地/薮田和樹/岡田明丈~ 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2017/10/01 11:30

<4人の先発投手の奮闘>黒田のいない136試合。~野村祐輔/大瀬良大地/薮田和樹/岡田明丈~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

野村祐輔。

 昨季25年ぶりの優勝を置き土産に黒田博樹が引退し、エースの座を巡ってしのぎを削った若き先発投手たち。  連覇は彼らの切磋琢磨なくしてなしえなかった。

 広島投手陣が周囲の予想を見事に裏切った。下馬評は決して高くなかった中で、37年ぶり連覇。大黒柱不在の先発陣は、強力な攻撃陣や生きのいい中継ぎ陣のサポートを受けながら、若い力が躍動した。

 昨年まで絶対的な存在だった黒田博樹が引退。登板24試合で10勝という数字以上の喪失感は「黒田ロス」とさえ言われた。さらに開幕直後には沢村賞左腕クリス・ジョンソンまで離脱の事態に陥った。だが、広島の若手投手は「僕らにとってはチャンス」と奮い立ち、しのぎを削った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

広島東洋カープ
黒田博樹
野村祐輔
大瀬良大地
薮田和樹
岡田明丈

プロ野球の前後のコラム

ページトップ