フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦がフリーで見せた王者の気迫。
宇野2位で初メダルとなった世界選手権。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/04/03 17:00

羽生結弦がフリーで見せた王者の気迫。宇野2位で初メダルとなった世界選手権。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

フリーの演技が終わった瞬間……羽生が片手を天へ向けた。ライバルたちも納得せざるをえない、まるで優勝が決まったような瞬間だった。

王座奪回を狙う羽生が、予想外の5位スタートに。

 羽生結弦は『レッツゴークレイジー』のメロディにのって、スプレッドイーグルからの4ループを完璧に着氷。だが4サルコウでフリーレッグの膝をつく形になり、一瞬間をおいてから両手を頭上にあげて2トウループをつけた。

 最後の3アクセルは軽々と降りたが98.39というスコアが出ると、キス&クライでスコアにちょっと納得ができないというように、何度か首を傾げてみせた。

 思いのほかスコアが伸びなかった理由は、名前を呼ばれてから30秒以内に演技のスタート位置につくというルールでタイムオーバーしてしまったため、マイナス1の減点がついてしまったこと。4サルコウが、膝をついたフリーレッグに体重が移動したというルールに引っかかり、コンビネーションとして認められなかったことなどが後にわかった。

 ミックスゾーンに来て「悔しいです」と何度か繰り返し、「そんなに悪くないと思った。でも(スコアを見た瞬間は)減点がついていたことは知らなかった。ミスはミスです」と語った。

 期待されていたネイサン・チェンは、4ルッツ+3トウループ、4フリップを成功させたが、3アクセルで転倒。97.33というスコアで6位スタートになった。

 誰が表彰台に立ってもおかしくない世界最強の6人がフリーの最終グループになり、いよいよフリーへと向かうことになった。

演技を終えた羽生が、高々と人差し指で天を指した。

 2日後の4月1日に行われた男子フリーでは、最終グループで羽生が再び1番滑走だった。

 久石譲の音楽を使った『Hope and Legacy』で、きれいな4ループから演技を開始。続いた4サルコウも、まるで3回転ジャンプのように軽々と降りた。コンビネーションスピン、ステップシークエンスとスピードを保ったまま後半に向かう。

 勝負の決め手は、後半に入れた2度の4回転だった。

 SPでミスをした4サルコウ+3トウループをきれいに決めた瞬間、羽生がタイトルを取り戻す、と確信した。

 続く4トウループも完璧な着氷。続いた2度の3アクセルは、羽生にとってもっとも安定したジャンプで見ていて安心である。最後の3ルッツがきまった瞬間、会場は怒涛のような歓声に包まれた。

 演技を終えた羽生は、片手を高々とあげて人差し指で天を指した。

 凄まじいばかりの集中力。

 王者羽生結弦の本領を発揮した、神がかりの演技だった。

【次ページ】 「このフリーが、最高のご褒美です」

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
パトリック・チャン
ボーヤン・ジン
ネイサン・チェン
ハビエル・フェルナンデス

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ