SCORE CARDBACK NUMBER

伊藤、浅田のメダルを後押し。国際審判員の藤森さん逝く。~褒め上手であり、鋭い採点の人~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/03/30 10:00

伊藤、浅田のメダルを後押し。国際審判員の藤森さん逝く。~褒め上手であり、鋭い採点の人~<Number Web> photograph by KYODO

アルベールビル五輪の伊藤のトリプルアクセルに対し、技術点は5.6から5.9に割れた。

 アルベールビル大会からバンクーバー大会まで6度の五輪を経験した、国際審判員の藤森美惠子さんが2月14日、脳梗塞のため逝去された。伊藤みどりの銀、荒川静香の金、浅田真央の銀と、日本フィギュア界の歴史的快挙をジャッジの立場から支えた立役者だった。

 1939年、名古屋市生まれ。日本初のペアとして'62年の世界選手権に出場した。まだ世界で活躍する選手もジャッジも少なかった時代。藤森さんは、

「ジャッジが頑張って海外に出ていかないと、世界で戦える選手は育たない」

 と考え、引退後にジャッジ活動をスタート。国際大会の採点基準や傾向を熱心に勉強し、五輪のジャッジ席に入れる国際審判員の資格をいち早く取得した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

藤森美惠子
伊藤みどり
荒川静香
浅田真央
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ