オリンピックへの道BACK NUMBER

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦。
深みと切れが増す「見せる」の変化。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/26 07:00

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦。深みと切れが増す「見せる」の変化。<Number Web> photograph by AFLO

GPファイナルのエキシビションでは柔らかい表情を見せた羽生結弦。全日本こそ欠場したが、四大陸選手権でも優勝候補であることは間違いない。

女子の柱は宮原、そこへ樋口と三原がどう絡むか。

 一方の女子は、宮原が柱となる。

 全日本選手権では、濱田美栄コーチから、「狙っていきなさい」と、あえて勝ちに行く姿勢を求められた。いずれ迎えるであろう大舞台では、結果を追求することになる。その予行演習でもあった。

 その中で、宮原は全日本選手権を制した。勝ちに行って勝利した国内大会を経て、四大陸選手権でも結果を意識しつつ、パフォーマンスを発揮できるか。宮原にとって、オリンピックへの成長のための試合となる。

昨年末の大会からどう変わったかが最大の見所。

 樋口と三原は、シニア転向1シーズン目だが、独特の緊張感にあふれる全日本選手権では、両者ともに今シーズンの中でもベストと言ってよい滑りを披露。樋口は2位、三原は3位となり、世界選手権代表の座を勝ち取った。

 2人は四大陸選手権出場も初めてだ。グランプリシリーズとも異なる雰囲気の中、どこまで持てる力を発揮できるか。世界選手権への試金石となる。

 ましてや今シーズンの世界選手権は、来年の平昌五輪の国別出場枠がかかってくる。樋口、三原にもその重圧はのしかかるだけに、四大陸選手権は貴重な時間となるはずだ。

 選手それぞれに時間を過ごし、それぞれに練習に励んで迎える四大陸選手権。昨年末の大会からどう変化した姿を見せるのか、楽しみだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2
羽生結弦
宇野昌磨
田中刑事
宮原知子
樋口新葉
三原舞依
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ