Jをめぐる冒険BACK NUMBER

岩政大樹が岡山に持ち込んだ鹿島流。
勝利の秘訣は「まだ言いませんよ」。

posted2016/11/29 17:30

 
岩政大樹が岡山に持ち込んだ鹿島流。勝利の秘訣は「まだ言いませんよ」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

鹿島で幾多のタイトルを手にした岩政大樹が岡山にもたらしたものは限りなく多い。「勝利の経験」はその最たるものだろう。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 1-1で迎えた後半のロスタイム、松本山雅はセオリーどおり、ファジアーノ岡山のパワープレーをほとんど完璧に跳ね返していた。

 だが、その“セオリーどおり”が裏目に出てしまうのだから、サッカーは恐ろしい。

「このままだとキツいな、と思っていたら勝っちゃうんですから、長年サッカーをやっていますけど、分からないですね」

 30分ほど前に終わった試合を、岡山のキャプテン、岩政大樹はそう振り返った。

 鹿島アントラーズ時代に大一番を何度も制してタイトルを掴み取り、海を渡ってタイでも優勝経験のある男をして「分からない」と言わしめた雨中の激闘――。そのエンディングは劇的というよりも、サッカーの怖さを浮き彫りにした。

松本がラインを上げた判断は間違っていなかった。

 J2・3位の松本と6位の岡山によるJ1昇格プレーオフ準決勝。松本のホーム、アルウィンで行われ、引き分けで終われば松本の勝ち上がりとなるこのゲーム。押され放しだった岡山が23分に押谷祐樹のゴールで先制すると、74分に松本がCKからパウリーニョが頭で決めて同点に追いついた。

 このまま終われば敗退となる岡山は、豊川雄太、藤本佳希らFWを次々と投入、センターバックの岩政大樹も前線に上げてパワープレーに打って出る。ラスト5分、松本のゴール前は、大混戦になった。

 それでも松本は、放り込まれるボールを跳ね返し続け、90+1分にはボランチの武井択也を送り込み、いよいよ逃げ切り態勢を整えた――その直後だった。

 相手陣内に向けて大きくクリアした松本の守備陣は、ディフェンスラインをグッと押し上げた。

 ディフェンスラインに吸収されていた中盤の選手たちも、このブレイクで本来のポジションを取り直した。

 ゴール前にへばりついたままでは、いつかはやられてしまう。相手をゴール前から遠ざけるためにも、大きく蹴り出し、ラインを押し上げた判断は、間違っていない。

 だが、そこに落とし穴があった。

【次ページ】 矢島は豊川にすべてを託したつもりだった。

1 2 3 4 NEXT
ファジアーノ岡山
岩政大樹
松本山雅

Jリーグの前後のコラム

ページトップ