テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭は第5ゲームで何をした?
試合の展開を激変させた新戦術。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/05/26 11:20

錦織圭は第5ゲームで何をした?試合の展開を激変させた新戦術。<Number Web> photograph by AFLO

「格下の相手にもつれた試合をしがち」という錦織のクセが、今大会では全く顔を出していない。期待感は高まる一方だ。

“男としてツライ”ことを除けば完璧な勝利。

 会心のコンダクターぶりに、錦織の言葉も弾んだ。第1セットのペースチェンジについて、記者会見でこう説明した。

「どちらかというと、打ち合いをあきらめて――なかなか、男としてはツライ判断でしたけど(笑)」

 大会はまだ序盤戦。体力温存のためにも、できるだけ試合をもつれさせたくない。ショットの威力でマッチョぶりをアピールしても、一文の得にもならないのは自明だ。

 別の引き出しを開け、異なる戦術を取り出すのは「昔から得意」。“男としてツライ”ことを除けば、何の苦もなくリズムを変えて、流れを引き寄せた。

 クズネツォフは上り調子の選手。今季は全豪オープン16強、クレーのバルセロナで8強など、侮れない相手だった。だが今の錦織は、これを一蹴してしまうのだ。

 クレーコートの戦い方に揺るぎない自信を得たことが大きい。「できるテニスの幅が広がっている」と錦織は言う。これまでのように、ハードコートで見せるような速攻を挑んでもいいし、じっくり戦っても勝てる、あわてる必要はまったくない。そんな余裕が、緩急自在のタクトさばきを生んだに違いない。

 会心の勝利と言えるだろう。退場する錦織にサインや写真撮影をせがむファンが殺到したが、これに応える時間は普段よりかなり長かった。

関連記事

BACK 1 2
錦織圭
アンドレイ・クズネツォフ

テニスの前後の記事

ページトップ