畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介が英国で過ごした3カ月。
感じた“多様性への理解”の重要さ。 

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph byKensuke Hatakeyama

posted2016/05/21 10:40

畠山健介が英国で過ごした3カ月。感じた“多様性への理解”の重要さ。<Number Web> photograph by Kensuke Hatakeyama

ファルコンズは1877年創設の歴史あるクラブ。イングランド最高峰リーグでの経験を積んで帰国した畠山には代表戦が待っている。

未来のモデルケースが、日本代表やファルコンズにある。

 ラグビー日本代表やファルコンズには「多様性への理解」があった。国籍、人種、身長、体重、能力、様々な違いがある。

 いろんな人がいる。いろんな人がいていい! いろんな人がお互いにリスペクトし合い、認め合い、共に生きていく。日本の未来のモデルケースがラグビー日本代表やファルコンズにある。

 日本への外国人観光客は年々増加傾向だとニュースで見た。それによる問題が出てきているのも当然だろう。しかし、多くの外国人が日本に魅力を感じている、今後も多くの外国人観光客が日本を訪れるだろう。

 2019年にはラグビーW杯が、2020年には東京五輪がある。僕らが想像する以上に多くの外国人観光客が日本を訪れる。様々な人が共に生き、お互いを尊重し合い、理解しようと努力することで、日本はさらに魅力ある国になれると実感できた。ニューカッスルで過ごした3カ月は、本当に良い経験だった。

 5月10日火曜日、ドバイ経由で成田空港に着いた。こうして、僕の2015-2016シーズンは終わりを告げた。しかしまた、新しい戦いが始まる。

 最後に、たくさんのご声援、本当にありがとうございました。

 ……あっ、連載はまだ続きますよ(笑)。

畠山健介 公式SNSはコチラ!
公式ツイッター: https://twitter.com/03hatake
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/hatake03/

関連記事

BACK 1 2 3
畠山健介
ニリ・ラトゥ
ソナタネ・タクルア
ジョシュア・チサンガ
ジョシュア・フルノ
ファルコンズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ