ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

ゴルフ界の「中国経由アメリカ行き」。
隣の青い芝を“踏みに行く”男たち。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/05/12 10:40

ゴルフ界の「中国経由アメリカ行き」。隣の青い芝を“踏みに行く”男たち。<Number Web> photograph by AFLO

16歳でゴルフを始めるという遅いスタートにもかかわらず、中国で存在感を増しつつある呉阿順。アメリカツアー、そしてリオ五輪を騒がせる存在になるか。

中国で急成長する伊藤の“同級生”。

 小中学生時代からトップアマとして名を馳せた伊藤は、ジュニア時代に中国でプレーした経験があったが、刺激になったのは“同級生”の存在だったという。

 昨年、PGAツアー・チャイナで賞金王となり、今年は米ウェブドットコムツアーに羽ばたいた李昊桐(リー・ハオトン)は、いま中国で最も注目を集める19歳。ちなみに、先述のボルボチャイナオープンで呉と優勝争いを演じた選手でもある。

 伊藤は数年前に、李が日本ツアーの予選会に出場した際に初対面。用具契約メーカーが同じだったこともあり面識ができた。

「初めて会った時は僕と同じでチビだった。『細っせえなあ』と思ってたのに……それが去年、テレビで見たら、急にめっちゃデカくなってたんですよ」

 伊藤は身長166cm。李は183cm。

「それからどんどん、活躍して……。同級生があんだけやれるんだから、僕だってやれるんじゃないかって」

スコア誤記、中国人用予選、粗い芝……。

 あすを夢見る選手たちが、中国で勝機を見出すのは「環境の未成熟さ」にも理由がある。中国のプロゴルフ界はまだやはり発展途上段階、歩きはじめといっていい。

 昨秋には李の活躍の裏で、これまた同い年の張新軍(チョウ・シングン)という若手が賞金レーストップを走りながら、スコア誤記の常習性を問われて出場停止処分となるスキャンダルがあった。

 伊藤らが受験したPGAツアー・チャイナの予選会も、実は「中国人用」と「外国人用」の2種類がある。理由はいたって単純明快。同じフィールドで争わせると、自国の選手がほとんど通過できないからである。

 多くがリゾート地にあるコースも、日本にある数々の美しいそれとは違うそうだ。

「グリーンは傾斜もすごいんですけど、芝の目がすごくあるんです。パットすると、最初の2mは左からの逆目、次が右からの順目、そこからまた逆目……みたいな感じで。もう、グリーンの色が均一じゃない。フェアウェイも砂だらけ。ラフもまばらだし」

 そう語るのは伊藤。しかしだからこそ「その中でスコアを出すのが難しいし、やっていておもしろいです。いろんなことを経験できそう」と目を見開く。

【次ページ】 隣の青い芝を実際に踏んでみる。

BACK 1 2 3 4 NEXT
呉阿順
伊藤誠道
李昊桐

ゴルフの前後のコラム

ページトップ